eMAXISなんでもランキング(2020年4月)

投資信託・ETF

青井ノボルです。

三菱UFJ国際投信が運用している、ノーロードインデックスファンド。
新型コロナの影響が心配でしたが、むしろ好調というのが凄いですね。

自粛の影響もあってか、ネット証券の口座開設も増えているのだとか。
実体経済が落ち込んでいる割には、日経平均株価も好調なようですし。

様々な要素が複雑に絡み合い、積立投資を始める人が増えている模様。
理由やキッカケはどうであれ、まずは始めてみることも大切でしょう。

eMAXISシリーズ公式HPで、ひっそり公開されているコンテンツ。
人気や売れ筋を紐解くことができる、eMAXISなんでもランキング。

この記事では、2020年4月のeMAXISなんでもランキングについて考察します。

スポンサーリンク

月次販売額ランキング

まずは、2020年4月の月次販売額ランキングです。
このランキングでは、売れ筋ファンドが分かります。

計算期間は、2020年4月1日~30日です。


(引用元:eMAXISなんでもランキング|三菱UFJ国際投信)

2020年4月のランキング、これは素晴らしいことが起きています。
eMAXIS Slim シリーズは上位10本のうち7本、そしてトップ3。

米国株式、先進国株式に次いで、オールカントリーが3位ですか。
インデックス投資の中核を成す3本がトップ3を独占しています。

オール・カントリーに投資中という個人的な事情もありますが。
eMAXIS Slim シリーズでトップ3を固めているのは嬉しいです。

4月も見事第1位に輝いたのは、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)。
その勢いは衰えることなく、むしろ加速しているように感じます。

改めて記事にしたいと思いますが、純資産総額も1,000億円を突破。
これだけの資金が集まったのは、素直に素晴らしいことですよね。

第2位は、いまも人気の高いeMAXIS Slim 先進国株式。
eMAXIS Slim シリーズをこれまで牽引してきたファンドです。

同じ資産クラスでは、信託報酬ゼロという新勢力も誕生して。
競争が激化するなかでも、着実に純資産額を伸ばしています。

先日のブロガーミーティングでも、信託報酬の話題になって。
商品ごとに持続可能性を考慮して信託報酬を設定すると明言。

信託報酬ゼロに追随する様子はなさそうですが、どうなるか。
個人的には評価していますが、信託報酬ゼロが選ばれるのか。

先進国株式インデックスファンド、今後が気になるところです。

第3位は、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)。
遂に月間販売額でも上位に食い込んできて、嬉しい知らせです。

時価総額比率の全世界株式に投資をしたい人には有力な1本。
心からそう思っていて、実際に投資をしているワタシです。

これまで本ランキングでも、徐々に順位を上げてきました。
TOP3に入るということは、人気ファンドの一角ということ。

同じファンドを買っている同志が増えるのはやっぱり嬉しい。
贅沢を言うならば、ぜひ一緒に長く投資を続けたいものです。

月次純資産残高ランキング

続いて、2020年4月の月次純資産残高ランキングです。
運用と資金流入による純資産残高の順位が分かります。

対象は、2020/4/30時点の純資産残高となります。


(引用元:eMAXISなんでもランキング|三菱UFJ国際投信)

純資産総額ランキングなので、大きな動きはありません。
ランキングが一切動かないのは珍しいかもしれませんが。

eMAXIS Slim シリーズへの流入が続いているようですし。
今後、純資産総額ランキングも上位陣は変わりそうですね。

ブロガーミーティングで信託報酬の方針を再確認

先日、オンラインで開催されたブロガーミーティング。
三菱UFJ国際投信の代名詞ともいえるイベントですね。

新型コロナウイルス感染拡大のなか、開催してくれて。
どうなるかと思ったけど、いつも通りで楽しめました。

三菱UFJ国際投信のオンラインブロガーミーティングに参加
2020/5/1、三菱UFJ国際投信のブロガーミーティングに参加しました。オンライン配信によるブロガーミーティング、意外と楽しかったです。この記事では、三菱UFJ国際投信のオンライン配信によるブロガーミーティングへの参加レポートを書いていきます。

このなかで、代田常務が語っってくれた言葉が印象的で。
よく分かっていらっしゃると感じた言葉でもありました。

提供するプロダクトは短距離ではなく、長距離で、
そこで勝ち続けていくべき競争だと認識している。

どうしたら投資家の中長期の資産形成、中長期で
結果的にコストが安かったということに資するのか、
ということを考えて、信託報酬を考えている。

これが本音なのか営業トークなのかは分かりません。
ただ、投資界隈をよくご存じであるのは間違いない。

三菱UFJ国際投信は、個人投資家の動向を見ている。
投資投資家のブログやTwitterを確認してそうです。

この姿勢が変わらない限り、eMAXISシリーズも安泰でしょうか。
組織方針は変わる可能性もあるので、注視する必要はあります。

個人的には、これからも大いに期待しています。
ただ、適度な距離感は大切にしたいところです。

関連記事紹介

ワタシはeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を選択。
資産形成のための積立投資、細く長く続けていきたいところですね。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の1本に絞って良かったこと
ワタシの場合、時価総額比率の全世界株式に投資がしたい。無リスク資産とのバランスを考えつつ、3本のファンドを積立中でしたが、遂に1本化です。この記事では、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の1本に絞って良かったことについて書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました