eMAXISなんでもランキング(2020年3月)

投資信託・ETF

青井ノボルです。

三菱UFJ国際投信が運用している、ノーロードインデックスファンド。
相場が乱高下するなかでも、積立投資家に愛されるファンドシリーズ。

最近チェックを怠っていたのですが、資金流入は止まっていませんね。
これだけの相場なので積立を止める人も多そうですが、そうでもない。

新型コロナウイルス感染拡大がどうなるのか、将来は分からないけど。
長い目で見たときに、リスク資産が大きくなるだろうと希望が持てる。

まだまだ、絶望してしまう相場にはなっていないのかもしれません。

eMAXISシリーズ公式HPで、ひっそり公開されているコンテンツ。
人気や売れ筋を紐解くことができる、eMAXISなんでもランキング。

この記事では、2020年3月のeMAXISなんでもランキングについて考察します。

スポンサーリンク

月次販売額ランキング

まずは、2020年3月の月次販売額ランキングです。
このランキングでは、売れ筋ファンドが分かります。

計算期間は、2020年3月1日~31日です。


(引用元:eMAXISなんでもランキング|三菱UFJ国際投信)

2020年2月のランキングも、トレンドに大きな変更は無しです。
eMAXIS Slim シリーズ、上位10本中6本と少し減少しました。

4ヵ月連続第1位となったのは、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)。
相場が荒れているなかでも、人気の高いファンドとなっています。

以前は、米国株投資はブームというイメージも強かったものです。
ここまでくると、しっかりと定着してきたように感じています。

ワタシは時価総額比率の全世界株式に投資をしていて、米国も重要。
米国株式のみを選択しているわけでは無いですが、とても重要です。

アセットアローションの大部分を占めているので、頑張って欲しい。
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)にも、もちろん頑張って欲しい。

第2位は、競争が激化しているeMAXIS Slim 先進国株式。
厳しい環境ですが、eMAXIS Slim シリーズの中核です。

信託報酬が10年間ゼロという画期的なファンドも誕生して。
当ファンドがどんな戦略を打ち出すのか、気になるところ。

今夜開催のブロガーミーティングで、聞いてみたいですね。

第3位は、資金流入出が激しすぎるeMAXIS 日経225です。
資金流入出が怪しい感じなので、遠くから見守っているとします。

月次純資産残高ランキング

続いて、2020年3月の月次純資産残高ランキングです。
運用と資金流入による純資産残高の順位が分かります。

対象は、2020/3/31時点の純資産残高となります。


(引用元:eMAXISなんでもランキング|三菱UFJ国際投信)

純資産総額ランキングなので、大きな動きはありません。
オール・カントリーが順位を上げたのは、嬉しいところ。

国内運用会社が手掛ける、全世界株式に投資ができるファンド。
インデックス投資の大本命だと思うので、育ってほしいですね。

eMAXISシリーズで積立投資している人達へのメッセージ

eMAXISシリーズを運用している、三菱UFJ国際投信による企画。
先日より、コロナショック関連のコンテンツが追加されました。

コツコツと積立投資を続ける個人投資家へのメッセージです。
詳細はリンク先を要確認ですが、大事な部分だけ引用します。

私たちは、この混乱がどのように収束していくか、はっきりした見通しを申し上げることはできませんが、過去の歴史から学ぶことは可能です。
結論を先に申し上げると、つみたて投資を続けていけば、大きな下落の後、一時的に被った評価損は、相場が下落前の水準に戻る前に解消している、ということです。
(引用元:「eMAXIS」シリーズでつみたて投資をされている投資家のみなさまへ

大きな下落相場は辛いですし、乱高下すると気持ちが揺らぎます。
「何故投資を続けるのか」という原点に立ち返ることが大事です。

将来にわたっても、株式市場は持続的に成長を続けていくだろう。
短期的な下落相場もありつつも、長期的には伸びていくのだろう。

そんなことを考えながら、リスク資産にもお金を置いています。
生活防衛費の確保やリスク許容度の範囲内での投資が前提です。

新型コロナウィルスの感染拡大がどうなるのは、まだ不透明。
それでも、リーマンショックを乗り越えた世界経済を信じる。

将来のことは分かりませんが、長期的視点で投資を継続する。
そうした個人投資家を後押ししてくれる記事となっています。

参考までに、一度じっくり読んでみることをオススメします。

関連記事紹介

業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続ける。
eMAXIS Slimのコンセプトは、まだまだ続くのでしょうか。

「eMAXIS」シリーズでつみたて投資をされている投資家のみなさまへ | 投資信託なら三菱UFJ国際投信

ワタシはeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を選択。
資産形成のための積立投資、これからも継続したいと考えています。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の1本に絞って良かったこと
ワタシの場合、時価総額比率の全世界株式に投資がしたい。無リスク資産とのバランスを考えつつ、3本のファンドを積立中でしたが、遂に1本化です。この記事では、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の1本に絞って良かったことについて書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました