eMAXISなんでもランキング(2019年11月)

投資信託・ETF

青井ノボルです。

ネットに販路を持つeMAXISシリーズの拡大は、今でも続いています。
三菱UFJ国際投信が手掛ける、ノーロードインデックスファンドです。

eMAXISから始まり、SlimやNeoといったシリーズにも派生していって。
主要な資産クラスは網羅されており、多種多様な需要を満たしています。

シリーズ全体としての純資産総額合計は、あと少しで5,000億円へ。
eMAXIS Slim シリーズは、勢いがあると言って問題ないでしょう。

eMAXISシリーズ公式HPで、ひっそり公開されているコンテンツ。
人気や売れ筋を紐解くことができる、eMAXISなんでもランキング。

この記事では、2019年11月のeMAXISなんでもランキングについて考察します。

スポンサーリンク

月次販売額ランキング

まずは、2019年11月の月次販売額ランキングです。
このランキングでは、売れ筋ファンドが分かります。

計算期間は、2019年11月1日~30日です。


(引用元:eMAXISなんでもランキング|三菱UFJ国際投信)

2019年11月のランキングも、eMAXIS Slimが占拠しています。
eMAXIS Slim シリーズは、上位10本中8本という圧倒的な強さ。

第1位となったのは、成長を続けるeMAXIS Slim 先進国株式。
この年末には、6回目の信託報酬の引き下げも決まっています。

受益者還元型の信託報酬も、徐々に存在感を示してきています。
純資産総額が大きくなればなるほど、実質的な信託報酬は下落。

1,000億円を超えると、引き下げ幅が更に大きくなる仕組みです。
勢いを維持して700億円を突破しているので、期待が高まります。

強力なライバル抱えている先進国株式で、実質的な一人勝ち状態
FOY2019での順位を含めて、良くも悪くも今後が気になるところ。

第2位は、底堅い人気を誇っているeMAXIS 日経225でした。
本ファンドは資金流出入が激しいため、近寄り難いですね。

第3位となったのは、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)です。
このところ競争が激化している米国株式のインデックスファンド。

SBIバンガードS&P500が震源地となったのは、間違いありません。
楽天VTIと本ファンドの牙城を崩せるのかどうか、期待が高まります。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)も信託報酬は対抗引き下げを実施。
コスト的には遜色ないので、十分に対抗できるのではと思っています。

月次純資産残高ランキング

続いて、2019年11月の月次純資産残高ランキングです。
運用と資金流入による純資産残高の順位が分かります。

対象は、2019/11/29時点の純資産残高となります。


(引用元:eMAXISなんでもランキング|三菱UFJ国際投信)

純資産総額のランキングなので、大きな動きはありません。
それでも順位変動があるのが普通ですが、今月は凄いです。

TOP10に順位変動は一切無し、これは稀なことだと思います。
世代交代が起きたり、何かと順位変動があったのに意外です。

来月には、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)がランクアップか。
まだ確定ではありませんが、資金流入ペースは順調そのものです。

ちなみに、ランク外ではオール・カントリーが第17位まで浮上。
あまり目立ちませんが、着実に純資産総額を積み重ねています。

良いファンドが評価されるのならば、それは喜ばしいことです。

eMAXIS Slim シリーズに期待すること

eMAXIS シリーズを牽引しているのは、eMAXIS Slim シリーズ。
インターネット専用のファンドで、最低コストを標榜しています。

「業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続ける」
このコンセプトを愚直に貫き、ここまで支持を集めてきました。

ところが信託報酬引き下げ競争にも、そろそろ限界が近そう。
そのときに何が求められていて、個人投資家はなにを選ぶか

個人投資家と運用会社との間に、認識の違いがあると劣勢に。
逆に、個人投資家目線で考えることができれば有利でしょう。

本当の意味でフィデューシャリー・デューティーを掲げること。
そして顧客本位を実行に移すことが、重要なカギだと思います。

eMAXIS Slim シリーズ、そして運用会社の三菱UFJ国際投信。
個人投資家に寄り添う姿勢を貫いて、飛躍して欲しいですね。

関連記事紹介

少し前に開催されたブロガーミーティングで示された今後の方針。
多くの個人投資家に対し、安心感を与える内容だったと感じます。

S&P500引き下げ直後のブロガーミーティングに参加
対抗引き下げに時間が掛かって、それでも引き下げを断行。その直後である2019/10/18に開催、三菱UFJ国際投信主催のブロガーミーティングに参加しました。この記事では、三菱UFJ国際投信ブロガーミーティングの参加レポートを約1万字でお届けします。

eMAXIS Slim シリーズにリートが追加されて、シリーズは完成へ。
ベーシックな資産クラスが揃っていて、シンプルで良いと思います。

eMAXIS Slim 国内リート・先進国リート追加で完成形へ
2019/10/31、eMAXIS Slim シリーズは13ファンドに。この記事では、eMAXIS Slim 国内リートと先進国リートが追加されたこと。また、Slim シリーズが一応の完成形となったことについて書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました