eMAXISなんでもランキング(2019年8月)

投資信託・ETF

青井ノボルです。

eMAXISシリーズはノーロードインデックスファンドシリーズ。
三菱UFJ国際投信により運用されているファンドシリーズです。

シリーズの純資産総額合計は、4,500億円を超えるまでに成長。
時代の変化に合わせて、柔軟に対応してきた結果とも言えます。

eMAXIS Slim シリーズを中心として、資金流入が続いています。
先進国株式や米国株式(S&P500)が特に人気となっています。

さてeMAXISシリーズ公式HPのなかで、密かに公開されているコンテンツ。
人気や売れ筋ファンドが簡単に分かる、eMAXISなんでもランキングです。

この記事では、2019年8月のeMAXISなんでもランキングについて考察します。

スポンサーリンク

月次販売額ランキング

まずは、2019年8月の月次販売額ランキングです。
このランキングでは、いま売れ筋のファンドが分かります。

計算期間は、2019年8月1日~31日です。


(引用元:eMAXISなんでもランキング|三菱UFJ国際投信)

2019年8月のランキングも、eMAXIS Slimが大活躍しています。
eMAXIS Slim シリーズは、上位10本のうち6本を占めています。

第1位となったのは、根強い人気のeMAXIS 日経225です。
窓口販売を中心に、日経平均株価のファンドは人気が高め。

純資産総額の推移を見ると、8月上旬の数日間で30億円増
超富裕層が投機的な投資をしているものと推測しています。

第2位となったのは、大人気のeMAXIS Slim 先進国株式です。
信託報酬は年率0.0999%(税抜)となり、突き抜けた存在です。

ニッセイ外国株式、そしてたわらノーロード先進国株式も同率。
超低コストの波が一気に押し寄せていて、勢いが感じられます。

純資産総額500億円を突破し、受益者還元型の信託報酬も開始。
先進国株式はライバルが多いですが、切磋琢磨して欲しいです。

第3位となったのは、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)です。
設定当初からの注目株で、楽天VTIのライバルとしても有名に。

米国株式の人気は根強く、インデックス界隈でも存在感が大きいです。
当ファンドと楽天VTI、そして先日発表されたSBIバンガードS&P500。

米国株式のインデックスファンド、長らく2強体制が続いていました。
ここに風穴を開けるが如く、まさかのSBI×バンガードで新規参入です。

圧倒的な超低コストでの新規設定ですから、そのインパクトは強烈。
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の追随に期待ですが、果たして。

対抗引き下げにこれだけ時間が掛かっているのは異常事態です。
外部からは真の原因が分かりませんが、頑張って欲しいですね。

「業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続ける」
このコンセプトを堅持することの重要性は大きいと考えます。

シリーズ全体に波及する問題ですから、注目が集まっています。

月次純資産残高ランキング

続いて、2019年8月の月次純資産残高ランキングです。
運用と資金流入による純資産残高の順位が分かります。

対象は、2019/8/31時点の純資産残高となります。


(引用元:eMAXISなんでもランキング|三菱UFJ国際投信)

このランキングは、運用歴の長いeMAXISシリーズが有利です。
ただ、先進国株式・バランス(8資産均等型)は世代交代済み。

eMAXIS 日経225は、前述の通り投機的マネーが流れ込んでランクアップ。
順位を落としたeMAXIS 新興国株式、こちらは純資産総額を確認します。


(引用元:eMAXIS 新興国株式インデックス|三菱UFJ国際投信

基準価額と純資産総額が、綺麗に連動していることがわかります。
これはつまり、資金流入出がほぼゼロであることを示しています。

2019年8月は、新興国株式の落ち込みが激しかったようですね。
相場の落ち込みと連動する形で、純資産総額が大きく減少です。

第4位と第5位はバランスファンドのため、下落幅は限定的に。
こうした要素が絡み合い、今回の結果に落ち着いたようです。

正念場を迎えたeMAXIS Slim

2018年につみたてNISAがスタートするタイミング以来でしょうか。
インデックスファンドの信託報酬引き下げ競争が激化しています。

これまで、信託報酬引き下げのニュースは定期的にありました。
ところが最近は、信託報酬引き下げが連続している気がします。

信託報酬引き下げの攻防ラインは年0.1%前後、超低コストです。
これまでに想像もできなかった、異次元の競争となっています。

つい先日までは、ニッセイ・楽天・eMAXIS Slimの3強という構図。
ここにSBIバンガードが新規参入し、たらわノーロードが再参入へ。

SBIの雪だるまもありますし、覇権争いは複雑となってきました。

ワタシの個人的な感触ですが、現時点ではeMAXIS Slimが優位。
ただ今後どうなるかというと、正直なところ自信がありません。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の信託報酬引き下げは保留
これはライバルファンドに即追随する従来とは異なる対応です。

eMAXIS Slim シリーズが踏ん張れるかどうか、注目されます。
ここで追随が困難となると、シリーズ全体に悪影響でしょうね。

インデックスファンドの活性化に向け、超低コスト競争は大切。
より良い投資環境のためにも、切磋琢磨して欲しいと思います。

関連記事紹介

雪だるまシリーズも、ここにきて攻勢を強めている印象があります。
インデックスファンド全体の盛り上げのためにも、良い流れですね。

雪だるま(全世界株式)が信託報酬引き下げで新境地へ
SBIアセットマネジメントが、全世界株式で思い切った信託報酬引き下げを実行。先日はバンガードとの共同ブランドファンドを設定するなど、攻めています。この記事では、雪だるま(全世界株式)が信託報酬を引き下げて新境地を切り拓いたことを書いていきます。

販売会社が多くても、信託報酬引き下げが可能であると証明しました。
たわらノーロードの功績は大きく、まさに快挙といえるニュースです。

たわらノーロード先進国株式とバランス(8資産均等型)が衝撃の信託報酬引き下げへ
たわらノーロード先進国株式とバランス(8資産均等型)がやりました。もう信託報酬の引き下げは困難だと思っていたので、衝撃的です。この記事では、たわらノーロード先進国株式とバランス(8資産均等型)が衝撃の信託報酬引き下げを行うことについて書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました