eMAXISなんでもランキング(2019年7月)

投資信託・ETF

青井ノボルです。

三菱UFJ国際投信のノーロードインデックスファンドシリーズ。
eMAXISシリーズは商品の幅を広げて、規模を拡大しています。

シリーズの純資産総額合計は4,000億円を超えるまでに。
ここまできたのは、挑戦があったからこそだと思います。

eMAXIS Slim シリーズを中心として、資金流入が続いていて。
先進国株式や米国株式(S&P500)、全世界株式も人気です。

さてeMAXISシリーズ公式HPのなかで、密かに公開されているコンテンツ。
人気や売れ筋ファンドが簡単に分かる、eMAXISなんでもランキングです。

この記事では、2019年7月のeMAXISなんでもランキングについて考察します。

Sponsored Link

月次販売額ランキング

まずは、2019年7月の月次販売額ランキングです。
このランキングでは、いま売れ筋のファンドが分かります。

計算期間は、2019年7月1日~31日です。


(引用元:eMAXISなんでもランキング|三菱UFJ国際投信)

2019年7月のランキングも、eMAXIS Slimが大活躍しています。
eMAXIS Slim シリーズが、上位10本中8本を占めています。

第1位となったのは、大人気のeMAXIS Slim 先進国株式です。
eMAXIS Slim シリーズでは、先進国株式が突出した存在に。

信託報酬は年率0.0999%(税抜)となり、文句無しの超低コストに。
純資産総額500億円を突破し、受益者還元型の信託報酬も開始です。

そろそろ、ライバルファンドによる次の一手が楽しみですね。

第2位となったのは、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)です。
設定当初から注目株で、楽天VTIのライバルファンドでもあります。

米国株式の人気は根強く、インデックス界隈でも存在感が大きいです。
楽天VTIとeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が双璧を成しています。

楽天VTIは先日、ついに純資産総額500億円を突破しました。

楽天VTIは、バンガードの米国籍ETFであるVTIに投資するファンド。
実質的な信託報酬は、VTI経費率の引き下げにより割安さを感じます。

一方で、楽天投信投資顧問の自助努力による引き下げは皆無なのです。
この点で、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を応援したくなります。

第3位は、本ランキングの常連であるeMAXIS 日経225です。
窓口販売を中心に、日経平均株価のファンドは人気ですね。

今回注目したいのは、第7位の全世界株式(オール・カントリー)。
eMAXIS Slim シリーズの中で、5番手までランクアップしました。

これまで目立った動きが無かったものの、ここにきてライバル登場。
たわらノーロードシリーズの逆襲は、良い刺激だと言えるでしょう。

信託報酬が、自作全世界株式と遜色ないレベルとなったのは大きい。
これからのさらなる躍進も期待できるのでは、と想像しています。

月次純資産残高ランキング

続いて、2019年7月の月次純資産残高ランキングです。
運用と資金流入による純資産残高の順位が分かります。

対象は、2019/7/31時点の純資産残高となります。


(引用元:eMAXISなんでもランキング|三菱UFJ国際投信)

このランキングは、運用歴の長いeMAXISシリーズが有利です。
それでも徐々に、世代交代が進んでいるという実態もあります。

eMAXIS Slim 先進国株式が世代交代を果たしたのは2019年3月。

先進国株式クラスで世代交代が起きてから、数ヵ月後が経過して。
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)も、世代交代を達成です。

ネット金融機関で超低コストなeMAXIS Slim シリーズが広がっている。
すそ野が広がり、そして積立投資を継続する人も増えているのでしょう。

インターネットでは、必然的に自分でファンドを選ぶことになります。
個人投資家が自立するための第一歩なので、良い傾向だと感じました。

ライバルあってこそのeMAXIS Slim

eMAXIS シリーズの中でも、eMAXIS Slim シリーズの人気が高い。
この構図は当分変わることなく、継続するものだと考えています。

「業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続ける」

このコンセプトを堅持し、ライバルへ徹底対抗していくことで。
ポーズだけではなく、実行力を伴っていることを示しています。

徹底対抗するためにも、ライバルとの超低コスト競争が重要です。

ニッセイ外国株式・楽天VTI・たわら全世界株式というライバル。
こうしたファンドと切磋琢磨するからこそ、Slimが輝くのです。

インデックスファンドの活性化に向け、超低コスト競争は大事です。
eMAXIS Slim シリーズとともに、ライバルにも頑張ってほしいです。

関連記事紹介

eMAXIS シリーズではありませんが、窓口販売用の商品もあります。
つみたてんとうシリーズは、窓口販売にて順調に積み上げています。

つみたて8資産均等バランスが地味に純資産総額100億円を突破
三菱UFJ国際投信といえば、ネット専売のeMAXIS Slim シリーズが有名でが、金融機関に相談したいという需要も根強いです。窓口販売にも良心的なファンドがあります。この記事では、地味に100億円を突破したつみたて8資産均等バランスについて書いていきます。

eMAXIS Slim シリーズの運用報告書が公開され、実質コストが判明です。
あくまで参考値に過ぎませんが、悪い意味でのサプライズは無しでしたね。

【速報】eMAXIS Slim シリーズの実質コストが判明
2019/4/25が決算日となる、最新運用報告書の内容が公開されました。「1万口当たりの費用明細」という項目があり、ここで実質コストが判明します。この記事では、運用報告書をもとにeMAXIS Slim シリーズにおける最新の実質コストをお伝えします。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました