eMAXISなんでもランキング(2018年7月)

投資信託・ETF
Sponsored Link

青井ノボルです。

つみたてNISAがスタートしてから、早いもので7ヵ月が経ちました。
指定されている対象商品の多くは、低コストなインデックスファンドです。

さて、ノーロードインデックスファンドの最大手といえば三菱UFJ国際投信。
eMAXISシリーズとネット専門のeMAXIS Slim シリーズを展開しています。

eMAXISシリーズの公式HPには、「スペシャルコンテンツ」というページがあります。
そのなかでこっそり公開されているのが、eMAXISなんでもランキングです。

この記事では、2018年7月のeMAXISなんでもランキングについて考察します。

月次販売額ランキング

まずは、2018年7月の月次販売額ランキングです。
このランキングでは、いま売れ筋のファンドが分かります。

計算期間は、2018年7月1日~31日です。


(引用元:eMAXISなんでもランキングより一部抜粋)

eMAXIS 日経225は、不動の第1位ですね。
従来からのeMAXISシリーズなので、窓販で人気なのでしょうか。

日経平均が根強い人気なのは、他のデータからも明らかです。

つみたてNISAの売れ筋は日経平均連動型が上位!?
つみたてNISAがスタートしてから、早いもので3ヵ月が過ぎようとしています。 金融庁も力を入れて広報活動を展開していますが、その認知度はまだまだ発展途上です。 今回は、つみたてNISA対象ファンドの売れ筋動向について考えてみます。

第2位は、eMAXIS Slim 先進国株式です。

ネット専売のeMAXIS Slim シリーズの代表格。
2018/7/25には信託報酬の引き下げも実施されました。

全世界株式への投資において、中核的な資産クラスでもあります。
今後も上位にランクインしてくるものと思われます。

第3位は、まさかのeMAXIS 国内債券です。

前月の第13位から、一気にジャンプアップしています。
特殊要因がありそうなので、ファンドのチャートを確認します。


(引用元:eMAXIS 国内債券 公式HPより一部抜粋)

2018/7/11~12にかけて、純資産総額が急増しているのが分かります。
たった1日で、純資産総額が10.48億円も増えています。

実は同じような極端な資金流入が、他のファンドでも発生していました。
第4位のeMAXIS 先進国株式、ランク外ですが第12位のeMAXIS 新興国債券です。


(引用元:eMAXIS 先進国株式 公式HPより一部抜粋)


(引用元:eMAXIS 新興国債券 公式HPより一部抜粋)

どちらのファンドも、2018/7/12~13にかけて純資産総額が急増しています。
eMAXIS 先進国株式が約15億円、eMAXIS 新興国債券が約4億円の増加です。

海外資産の場合は国内資産よりも1営業日遅れで約定となります。
そのため、どのファンドも同日の申し込みであると推測されます。

一方、第8位のeMAXIS TOPIXは前回3位から大きく順位を落としています。
ファンドのチャートを確認すると、驚きの事実がありました。


(引用元:eMAXIS TOPIX 公式HPより一部抜粋)

2018/7/10~11にかけて、純資産総額が激減しているのが分かります。
たった1日で、純資産総額が13.31億円も減っています。

第16位のeMAXIS JPX日経400、第18位のeMAXIS 先進国債券も同様です。


(引用元:eMAXIS JPX日経400 公式HPより一部抜粋)


(引用元:eMAXIS 先進国債券 公式HPより一部抜粋)

MAXIS JPX日経400は、2018/7/10~11にかけて約10億円。
eMAXIS 先進国債券は、2018/7/11~12にかけて約15億円。

それぞれ、純資産総額が一気に減少しています。

大きな資金流出があった直後に、他の資産クラスで大きな資金流入があった。
同一人物によるトレードかどうかは不明ですが、これは紛れもない事実です。

ランキングを通じてこんなことが分かるとは、なんとも面白いですね。

月次純資産残高ランキング

続いて、2018年7月の月次純資産残高ランキングです。
運用と資金流入で積み上がった純資産残高の順位が分かります。

対象は、2018/7/31時点の純資産残高です。


(引用元:eMAXISなんでもランキングより一部抜粋)

このランキングは、設定からの年月が長い従来のeMAXISシリーズが有利です。
販売額ランキングとは違い、eMAXIS Slim シリーズは2本だけランクイン。

特筆すべきは、さきほども触れた第9位のeMAXIS 先進国債券です。
たった1日で約15億円が流出した影響で、大きく順位を落としました。

第6位のeMAXIS Slim 先進国株式、第8位のeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)は順調に伸びています。
第7位のeMAXIS 国内債券は、さきほども触れた約10億円の資金流入という幸運によりランクアップです。

eMAXIS Slim シリーズへの資金流入は、今後も続くことが想定されます。
年月を掛けながら、更に上位へと食い込んでくると考えられます。

月次WEB閲覧数ランキング

最後に、2018年7月の月次WEB閲覧数ランキングです。
このランキングでは、いま注目のファンドが分かります。

計算期間は、2018年7月1日~31日です。


(引用元:eMAXISなんでもランキングより一部抜粋)

やはり、販路をネットに絞っているeMAXIS Slim シリーズが目立ちます。

特に7月は、2018/6/26運用報告書公開直後の時期でもあります。
紙ベースの運用報告書は無いので、WEBで確認する他ありません。

また、前回46位から急上昇したのが第3位のeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)です。
のちほど触れますが、大注目のファンドと言って間違いないでしょう。

従来のeMAXISシリーズの顔ぶれを見ると、純資産総額の上位陣が多いです。
ファンドの規模と比例して、投資している人数が多いものと想定されます。

米国株式(S&P500)がスゴイ

2018年7月のトピックといえば、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の新規設定。

月次WEB閲覧数ランキングでは第3位、販売額では第7位にランクインしました。
設定初月の動向としては、申し分のない結果だったと言えるでしょう。

また、2018/8/1には純資産総額が10億円を突破しました。
これは本当にスゴイことですし、想像以上の大躍進です。

このままの勢いで突っ走ることが出来るのか、今後も注目したいと思います。

 

関連記事紹介

eMAXISなんでもランキングの存在を知ったのは、この記事を書く少し前。
こういったデータから、その理由や背景を紐解いていくのは面白いです。

eMAXIS Slim シリーズの売れ筋ランキングが面白い
青井ノボルです。 三菱UFJ国際投信のeMAXIS Slim シリーズは、ネット専売の超低コストファンドシリーズです。 「業界最低水準の運用コストを将来にわたって目指し続ける」が当シリーズのコンセプト。 他社のファンドに徹底対抗して信託報酬の引き下げを実施することで、人気を集めています。 今回は、eMAXIS Slim シリーズの売れ筋ランキングについてお伝えするとともに、人気ファンドの傾向について考察します。

ノーロードインデックスファンドの業界でトップを走る三菱UFJ国際投信。
これからも業界トップを走り続けることができるのか、とても興味深いです。

eMAXIS Slim シリーズで業界トップを独走できるのか
インデックス投資界隈で注目を集めているeMAXIS Slim シリーズは、今後もこの勢いを維持できるのか。そして、運用会社である三菱UFJ国際投信は業界トップを独走できるのか。ブロガーミーティングの資料も参考にしながら、改めて考えてみました。

◆よかったらフォローしてください◆

▼応援もらえると嬉しいです▼
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

投資信託・ETF
Sponsored Link
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
青井ノボルをフォローする
インデックス投資で長期縦走へ

コメント