eMAXISなんでもランキング(2019年4月)

投資信託・ETF

青井ノボルです。

三菱UFJ国際投信が手掛けるノーロードインデックスファンドシリーズ。
eMAXISシリーズやネット限定のeMAXIS Slimシリーズを展開しています。

「業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続ける」
超低コストに拘るeMAXIS Slim シリーズは高い人気を誇ります。

eMAXISシリーズは、SlimやNeoに派生しながらラインナップを拡充。
50本以上のファンドを抱える、インデックスファンドシリーズです。

eMAXISシリーズ公式HPのなかで、密かに公開されているコンテンツ。
人気や売れ筋が一目でパッと分かる、eMAXISなんでもランキングです。

この記事では、2019年4月のeMAXISなんでもランキングについて考察します。

Sponsored Link

月次販売額ランキング

まずは、2019年4月の月次販売額ランキングです。
このランキングでは、いま売れ筋のファンドが分かります。

計算期間は、2019年4月1日~30日です。


(引用元:eMAXISなんでもランキング|三菱UFJ国際投信)

2019年4月のランキングは、地味にスゴイことが起きました。
eMAXIS Slim シリーズが、10本中8本を占めているのです。

これまでは、eMAXIS シリーズが4~5本はランクインしていて。
未だに根強い人気があるのだと、感心しながら眺めていました。

eMAXIS Slim シリーズでも、上位の顔ぶれは大体決まっていて。
先進国株式・S&P500・バランス・新興国株式などが常連でした。

それに加えて、国内株式(TOPIX)や国内債券も人気が出てきて。
4月は全世界株式(除く日本)とオールカントリーもランクイン。

eMAXIS Slim シリーズが徐々に広がりを見せているようですね。

さて、4月になって第1位へと返り咲いたeMAXIS Slim 先進国株式。
運用各社がしのぎを削っている資産クラスですが、やはり強いです。

第2位となったのは、人気のeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)です。
楽天VTIとともに、米国株投資の人気を下支えしている良質なファンド。

来月には初の決算発表を迎えるということで、コストが気になります。
トータルコストでみると、iFree S&P500より有利だと思っています。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)はiFreeより低コスト
米国株投資の勢いは凄まじく、とどまるところを知りません。インデックス投資でも、米国株式の存在感が増しています。この記事では、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)とiFree S&P500のトータルコストを基準価額推移によって比較します。

実質コストの中身がどうなっているのか、運用報告書に注目です。

そのほか、注目なのは第6位の全世界株式(オール・カントリー)。
第14位からジャンプアップして、一気に登り詰めたのは凄いです。

SBI証券のデータによると、資金流入は2019年1月から加速。
3ヵ月連続で、約5億5,000万円の資金流入が続いていました。

2019年4月は、更に資金流入が増えたものと推察されます。
楽天VTからの乗換組が、密かに増えているのでしょうか。

月次純資産残高ランキング

続いて、2019年4月の月次純資産残高ランキングです。
運用と資金流入による純資産残高の順位が分かります。

対象は、2019/4/26時点の純資産残高です。


(引用元:eMAXISなんでもランキング|三菱UFJ国際投信)

このランキングは、運用歴の長いeMAXISシリーズが有利です。
しかしながら3月、eMAXIS Slim 先進国株式が逆転しています。

eMAXIS Slim 先進国株式が世代交代を達成して、新たな境地へ。
純資産総額500億円をターゲットに、更に頑張ってほしいですね。

もう一つ、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の躍進にも注目です。
前月第9位から1ランクアップ、新興国株式を抜いて第8位になります。

米国株式(S&P500)は、コスト面では先進国株式よりも不利です。
それでも米国株式市場への信頼は厚く、人気のある資産クラスに。

これからも存在感を高めてくるファンドだと思うので、注目です。

ブロガーミーティングでサプライズ発表

2019年4月といえば、三菱UFJ国際投信のブロガーミーティング。
開催当日に2つのビッグニュースが舞い込み、話題となりました。

超低コストへの挑戦を続けるとともに、分かりやすさも追及。
個人投資家目線の施策ですから、個人的には評価したいです。

三菱UFJ国際投信の地道な取り組み、個人投資家と対話する姿勢。
不断の努力により、個人投資家からの信頼を積み上げています。

他の運用会社で真似しようと思えば、できることもあります。
それでも追随してくる運用会社が居ないのは、本気度の違い。

今の小さな違いが、将来的に大きな差になるのかもしれません。
eMAXIS Slim シリーズの存在感は、更に大きくなるでしょう。

とはいえ、信頼というのは一瞬で崩れてしまうこともあります。
今後の展開に注目しつつ、発展的な信頼関係となれば理想です。

関連記事紹介

eMAXIS Slim 先進国株式は400億円を突破し、500億円が目前に。
信託報酬の実質引き下げとなるため、今後の動きにも注目です。

eMAXIS Slim 先進国株式が純資産総額400億円を突破
FOY2018にて第1位に輝いた効果が大きいのか、破竹の勢いです。eMAXIS Slim 先進国株式、コツコツと純資産総額を伸ばしています。この記事では、eMAXIS Slim 先進国株式の歴史を振り返りながら純資産総額400億円突破について書いていきます。

米国株式クラスの超有名ファンド、楽天VTIが400億円を突破しました。
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)とのライバル対決が楽しみですね。

楽天VTIが純資産総額400億円を突破
楽天・全米インデックス・ファンド、通称・楽天VTI。米国株式に投資するVTIを買ってくれる投資信託です。2019/4/24付で、ついに純資産総額が400億円を突破しました。この記事では、楽天VTIの純資産総額400億円突破と今後について書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました