eMAXISなんでもランキング(2020年1月)

投資信託・ETF

青井ノボルです。

三菱UFJ国際投信が運用している、ノーロードインデックスファンド。
eMAXISシリーズは、インデックス投資界隈でとても有名な存在です。

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019でも高い評価でした。
上位3ファンドはもちろん、7本が20位以内に食い込んだのは流石です。

数あるファンドの中で、これだけ選ばれているのはなかなか凄い。
それだけ良質なファンドであり、信頼を得ているという証左です。

eMAXISシリーズ公式HPで、ひっそり公開されているコンテンツ。
人気や売れ筋を紐解くことができる、eMAXISなんでもランキング。

この記事では、2020年1月のeMAXISなんでもランキングについて考察します。

スポンサーリンク

月次販売額ランキング

まずは、2020年1月の月次販売額ランキングです。
このランキングでは、売れ筋ファンドが分かります。

計算期間は、2020年1月1日~31日です。


(引用元:eMAXISなんでもランキング|三菱UFJ国際投信)

2020年1月のランキングも、eMAXIS Slimが上位を独占状態です。
eMAXIS Slim シリーズは、上位10本中8本で大部分を占めています。

2月連続第1位となったのは、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)。
FOY2019でも高い評価を受けて、第2位に輝いた人気ファンドです。

米国株式投資の人気が高く、その中でも支持を集めています。
SBI・バンガード・S&P500や楽天VTIと、日々戦っています。

米国株投資が最強の投資であると言い切る個人投資家もいます。
将来は予測不可能であり、少なくともワタシには分かりません。

投資素人のワタシは、純粋に市場平均を持ちたいと思っていて。
信頼できそうな株式を時価総額比率の全世界で持つことを志向。

ただし大部分を米国株式に依存しているので、大差はないです。
どの資産クラスでも、きっと投資を継続することが大切ですね。

第2位は、またまた再浮上してきたeMAXIS 日経225です。
基準価額の変動に合わせて、資金流入が乱高下しています。

長期投資で持つファンドなら、無駄な売買はマイナスです。
こういうファンドとはあまり付き合いたくないと感じます。

第3位は、FOY2019でも第3位のeMAXIS Slim 先進国株式。
長らくシリーズを牽引してきましたが、米国株式と主役交代。

全世界株式のうち重要なウェートを占める先進国株式クラス。
強力なライバルがいるなか、輝きを放っているのは流石です。

第3位とはいえ、資金流入が極めて順調なのは変わりません。
純資産総額1,000億円も控えているのが、引き続き期待です。

月次純資産残高ランキング

続いて、2020年1月の月次純資産残高ランキングです。
運用と資金流入による純資産残高の順位が分かります。

対象は、2020/1/31時点の純資産残高となります。


(引用元:eMAXISなんでもランキング|三菱UFJ国際投信)

純資産総額のランキングなので、大きな動きはありません。
一方で、じわじわと順位変動が起きつつあるのも事実です。

特筆すべきは、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)。
第4位から順位を1つ上げて、第3位までやってきました。

第4位に転落したeMAXIS 先進国株式は、資金流入がほぼ無し。
一方のeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)は、順調です。

純資産総額の増え方を見る限り、積立投資で広く使われていて。
資金流入が安定的にプラスで推移している稀有なファンドです。

いぶし銀なファンドの純資産総額が増えるのは良いことですね。
受益者還元型信託報酬の発動も近いので、これからも注目です。

ランク外ではオール・カントリーが第14位→第11位まで浮上。
設定から1年超、いよいよTOP10圏内が視野に入ってきました。

前述の通り、ワタシは時価総額比率の全世界株式に投資がしたい。
そんな人にとって、この上なく素晴らしいファンドのひとつです。

FOY2019では第1位に輝くなど、投信界隈での評判は申し分ない。
マネックス証券のiDeCo口座で取り扱いが始まり、舞台は整った。

ライバルである楽天VTに追い付け追い越せで、資金流入が進んで。
純資産総額を順調に伸ばしていくことが、期待できる情勢ですね。

eMAXISのLINEサービス開始

ブロガーミーティングで話題になったeMAXISのLINEサービス
2020/2/3、満を持してLINE公式アカウントが開設されました。

eMAXISがLINEを始めます!(2020/2/3)

コミュニケーションツールとして浸透しているLINEのなかで。
よくある質問に回答してくれたり、投資4コマ漫画が読めたり。

身近な存在であるLINEのなかで、受益者のサポートを試みる。
面白い取り組みだと思いますし、投資初心者には良いのかも。

ただ、ワタシにはちょっと不要かなと感じたのが正直な感想。
これはmattocoサービスがイマイチだったのと似た感覚です。

自分でネット検索して情報を収集、ネット証券で口座開設して。
eMAXIS Slim シリーズに行き着く人には、おそらく不要です。

投資初心者に対して、徹底的に分かりやすさを追求して欲しい。
長期投資を継続するための支えになるツールになれば最高です。

つみたてんとうシリーズやeMAXISシリーズとは相性が良さそう。
その辺りをターゲットに、魅力あるコンテンツにしてください。

関連記事紹介

eMXIS Slim 先進国株式は、販売額第3位ながら流入が続いています。
1,000億円の節目まであと少しですし、この調子で頑張ってください。

eMAXIS Slim 先進国株式が純資産総額800億円を突破
たわら先進国株式やニッセイ外国株式など、強力なライバルがいる先進国株式。先日発表されたFOY2019では、多くの票を集めて第3位となりました。この記事では、eMAXIS Slim 先進国株式が純資産総額800億円を突破したことについて書いていきます。

eMAXIS Slim シリーズにリートが追加されて、シリーズは完成へ。
新ファンドを乱立するよりも、本数を絞ったほうが好感が持てます。

eMAXIS Slim 国内リート・先進国リート追加で完成形へ
2019/10/31、eMAXIS Slim シリーズは13ファンドに。この記事では、eMAXIS Slim 国内リートと先進国リートが追加されたこと。また、Slim シリーズが一応の完成形となったことについて書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました