教育資金の目標額を500万円×3人=1,500万円に決めました

投資方針

青井ノボルです。

ワタシは、5人家族の30代サラリーマンです。

子供は3人とも乳幼児なので、学費といえば幼稚園1人分だけ。
現時点の教育費は、せいぜい数十万円単位の支出です。

ただ、進学するにつれて学費負担は徐々に重くなります。
遠くない未来に、年間百万円単位が飛んでいくのでしょう。

そのため、学資保険等で教育資金を準備するのが定石です。
ワタシは学資保険を使いませんが、いずれにしても準備は必要。

この記事では、教育資金の目標額設定について考えます。

Sponsored Link

大学進学時の教育費に向けて準備

幼稚園や保育園からはじまり、大学生までの約20年間。
子供を育てるためには、多額の教育費が必要となります。

まず、文部科学省による子供の学習費調査からデータを見てみます。


(引用元:文部科学省「平成28年度子供の学習費調査」より抜粋)

ここで書かれているのは、学習費総額のデータです。
授業料以外にも、給食費や学習塾代等も含まれています。

幼稚園だけ私立、小学校~高校まで公立を想定すると約600万円
それなりに大きい金額ですが、更にお金が掛かるのが大学です。

ちなみに、幼児教育は2019年10月から無償化される予定となっています。
年長は2019年4月から前倒しで無償化、少しだけ負担額が減りますね。


(引用元:日本学生支援機構「平成28年度学生生活調査」より一部抜粋)

この金額は、授業料や娯楽費等を合わせた学生生活費です。

自宅通学を想定した場合でも、私立大学で年間約175万円。
4年間で計算すると、なんと700万円も掛かります。

この支出を給与収入から捻出するのは、かなり大変なこと。
さらに大学生の時期が被るケースを想定すると、尚更です。

子供が大学生になった時に備えて、教育資金を準備する。
そうすることで、支出のピークにも耐えられるハズです。

児童手当は自動的に教育資金へ

教育費と直接的な関係はありませんが、児童手当の存在は重要です。
子供が中学校修了となるまで、条件付きで支給されるお金です。


(引用元:厚生労働省HP「児童手当について」より一部抜粋)

所得制限に抵触しない前提で考えると、1人あたり約200万円
第3子以降は約250万円も支給されるので、かなり大きいです。

児童手当を生活費で使うことなく、教育資金として確保する。
すると、教育資金のかなりの部分をまかなうことができます。

そのため、ワタシは児童手当に手を付けないようにしています。

教育資金の目標額を決める

さて、大学の学生生活費として約700万円掛かることが分かりました。
とても大きな金額ですが、実際の進路は本人次第で変わります。

国立大学なら金額が減りますし、大学院進学で逆に増える可能性もあります。
あらゆる可能性がありますが、全パターンを想定するのは現実的ではありません。

そのため、ざっくりと4年間で700万円掛かるものと仮定します。

数年後には夫婦ともにフルタイムの正規労働者となっている予定。
比較的安定したキャッシュインが期待できますが、保守的に考えます。

生活防衛費として、ワタシは生活費2年分を持っていたいと考えています。
教育費が万が一足りなければ、生活防衛費からの一時的な補填もアリです。

給与収入で賄える部分もあるだろうし、生活防衛費という奥の手もある。
そう考えると、教育資金として700万円全額を準備する必要は無さそうです。

そこで、ワタシは500万円を目標として設定することにしました。
子供が3人いるので、500万円×3人=1,500万円ということになります。

個人向け国債変動10年で準備

教育資金として、1,500万円を準備することに決めました。

さて、教育資金は原則として使う時期が決まっているお金です。
使う時期は大体決まっていて、前後するとしても数年単位です。

この場合、変動リスクの少ない資産に置いておくのが定石です。

投資の基本に立ち返ってお金の使い道を整理する
インデックス投資を始めてから、お金のことを考える時間が増えています。お金の使い道によっては、投資すべきではない性質のお金である場合も考えられます。投資資金を明確にするためにも、一度基本に立ち返って、お金の使い道を整理してみます。

10年以上の年月があるため、インデックス投資でプラス圏内に収まる可能性はあります。
過去のリターンを見ると、20年もあればほぼプラス圏内だったという話もあります。

ただ、過去リターンは将来を約束するものではないし、リスクは必ず存在します。

教育資金という性質上、目標金額もはっきり決めています。
ワタシは無リスク資産で備えるべきお金だと考えます。

実質的な金利の高さを比較し、最適と考えるのは個人向け国債変動10年
完全には連動しませんが、金利上昇時に追従してくれるのも嬉しいです。

半年や1年モノの定期預金も織り交ぜながら、計画的に準備していきます。

生涯キャッシュフロー表を再確認したい

教育資金は大きな金額ですが、計画的に準備することに決めました。

無リスク資産で準備する以上、重要なのはキャッシュインの部分。
主に給与収入ですが、これをどのように確保するかという点です。

数年後には、夫婦共働きでフルタイム正規労働者×2人になる予定。
共働きが安定している限りは、恐らく問題ないと考えています。

結婚して自宅を購入する際、生涯キャッシュフロー表を作成してもらいました。
FPの人がソフトで作成した概算の生涯CF表ですが、たまに確認しています。

子供3人想定バージョンもあるので、そろそろ再確認したいところです。

想定していた収入と現実を比較して、資産額の想定と現実も比較して。
生涯CF表と現実の乖離を確認しつつ、教育資金の計画を具体化する。

ちょっと面倒ですが、教育資金には正面からとことん向き合いたいと思います。
この積み重ねが金融リテラシーを養い、豊かな人生に繋がると信じて。

 

関連記事紹介

教育資金をどうやって準備するべきか、考え方は十人十色。
ワタシは、投資に頼ってしまうのはリスクが高いと考えています。

教育費を投資に頼るのは危うい選択だと思う
人生の三大支出とも言われる教育費。そのためにジュニアNISAなどで投資するという選択肢もありますが、ワタシには危うい選択に映ります。教育費の特徴を整理したうえで、投資に頼るのは危険だと考える理由を書いていきます。

Twitterにて、教育資金の貯め方について議論する機会がありました。
色んな考え方に触れて、良い意味で刺激を貰いながら書いた記事です。

教育資金の貯め方について本気出して考えてみた
「教育資金の正しい貯め方」という絶対的な正解は存在しないと思います。正解がない世界だからこそ、色んな考え方があって、議論が面白いんですよね。この記事では、Twitterで交わされた意見を参考にしながら、教育資金の貯め方について本気を出して考えてみます。

 

青井ノボル
青井ノボル

1日1回の応援が励みになります

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

●twitterもやってます●

コメント