個人投資家のコスト意識は着実に高まっている

マネー雑記

青井ノボルです。

つみたてNISAがスタートした2018年1月から、1年半が経過。
この間に、投資信託を取り巻く環境は大きく変化しました。

インデックスファンドが充実すると共に、コスト競争が発生。
運用コストは劇的に下がり、投資しやすい環境となりました。

つみたてNISAが起爆剤となり、外部環境が変化するとともに。
個人投資家の意識も変わってきている様が、統計から伺えます。

この記事では、個人投資家のコスト意識が高まってることについて、統計データを基に考察します。

Sponsored Link

先人の積み重ねで山が動いた

インデックスファンドでは、信託報酬年率が0.1%を切ることもある。
超低コストで世界分散投資ができるファンドを100円単位で買える。

投資信託を保有しているだけで、使いやすいポイントが還元される。
積立投資にクレジットカード決済が使え、購入時にポイントを還元。

いまから10年前、リーマン・ショックからのV字回復が始まった頃。
インデックスファンドを取り巻く環境が、ここまで整備されるとは。

おそらく誰も予想できなかったと思いますが、既に動いている人達も。
第1回インデックス投資ナイトが開催されたのは、2009年1月でした。

山崎元さん、カンさん、竹川美奈子さん、イーノさん、某N藤さん。
いまも活躍されている皆さんが、インデックス投資を語っていた。

勿論イベントだけではなく、個人投資ブロガーの皆さんがいて。
水瀬ケンイチさん、吊られた男さん、Nightwalkerさん、など。

ブログでインデックス投資を語り、時にはコメントで激論を交わし。
こうした先人の積み重ねがあって、2018年1月に山が動いたのです。

草の根運動から、ここまで投資環境を変えたのだから凄いことです。

外部環境変化により個人の意識も変化か

超低コストで世界分散投資ができるようになった今日この頃。
環境が変わったことで、個人の意識にも変化が出てきました。

ここから参照するのは、投資信託に関するアンケート調査報告書。
投資信託協会が毎年行っている調査で、なかなか面白い内容です。

調査の概要は下記の通りです。

調査方法 :インターネット調査(抽出フレーム:インテージネットモニター)
調査時期 :2018年12月7日~12月14日
調査地域 :全国
調査対象 :20~79歳の男女
サンプル数 :20,000サンプル
調査実施 :株式会社インテージ
(引用元:投資信託に関するアンケート調査報告書-2018年(平成30年)投資信託全般

なかなか大規模な調査で、サンプル数も多いので参考になります。
過去とのデータ比較もできて、投資信託マニアにはたまりません。

本調査では「投資信託購入の際の重視点」を質問しています。
その結果は、ちょっと見にくいと思いますが下記の通りです。


(引用元:2018年度投資信託に関するアンケート調査報告書|投資信託協会

「値上がりへの期待」「過去の運用実績」という回答が目立ちます。
そのなかで「手数料や運用管理手数料の水準」と答えたのが13.2%。

この割合が多いか少ないかといえば、率直に少ないと感じます。
過去の調査結果と比較すると、その割合は着実に増えています。

コスト意識は高まっている

本調査では、「今後、投資信託購入の際に重視したい点」も聞いています。
前述の質問は現時点で、この質問は将来的にどうしたいかと尋ねています。

この質問に係る調査結果は下記の通りです。


(引用元:2018年度投資信託に関するアンケート調査報告書|投資信託協会

「手数料や運用管理費用の水準」と答えたのは、16.8%。
現時点で重視をしている点よりも、割合が大きい結果に。

過去の調査結果と比較しても、その割合は増えています。
個人投資家のコスト意識は、徐々に高まっているのです。

他の選択肢と比べて、直接的にリターンを高める要素ではありません。
それでもコスト分だけリターンが削られるというのは周知の事実です。

投資信託の運用コストは、その分だけリターンを確実に悪化させる。
リターンは制御不能ですが、コストは商品選びでコントロール可能。

こうした考え方が徐々にですが、着実に広まっている。
少なくともワタシは、良い傾向であると考えています。

コントロールできることに集中する

投資信託といっても、決してインデックスファンドだけでは無くて。
アクティブファンドなど、世の中には無数のファンドが存在します。

ただどんな投資信託であっても、必ず運用コストが発生します。
そこには運用会社がいて、信託銀行がいて、販売会社がいます。

投資を委ねているので、当然ながらコストを負担すべきです。
ただしコストは、確実にリターンを虫食む存在でもあります。

公共サービスは例外ですが、価格決定は基本的に需給バランス。
費用をそのまま価格に反映できる、という世界ではありません。

つみたてNISAでパイが大きくなり、将来的にも大きくなりそう。
外部環境変化により、需給バランスが従来とは変わっています。

だからこそコスト競争が起きていて、超低コストになっている。
個人投資家の立場では、低コストな投資信託を淡々と選ぶだけ。

例えば運用会社が倒産したとしても、投資家は保護されます。
他の運用会社に信託財産が移るか、繰上償還となるようです。

相場環境がどうなり、どの資産クラスが儲かるのかは不透明です。
運用コストの低いファンド、純資産総額の大きいファンドを選ぶ。

特に運用コストはリターンに直結するので、慎重に選択をする。
個人投資家がコントロールできる部分は、そういうところです。

コスト意識が高まっていること、すなわち自分で考えるということ。
金融機関に薦められるがままではなく、自律的な判断をして欲しい。

自分で考えるという流れになっていれば、心強いなと思います。

関連記事紹介

インデックスファンドを運用コストで選ぶのは当然のことです。
eMAXIS Slim シリーズは、有力な選択肢のひとつだと思います。

業界最低水準のコストを目指すeMAXIS Slimという選択
三菱UFJ国際投信が手掛けるeMAXIS Slim シリーズ。設定から1年半が経過しましたが、超低コストファンドとして認知され、大きな人気を集めています。この記事では、業界最低水準のコストを目指すeMAXIS Slimという選択について考察します。

運用会社の中の人から大バッシングを受けた、問題の記事です。
表に出ないコストも知りたいという純粋な気持ちで書きました。

インデックスファンドにおけるコストの実態を考える
投資信託(ファンド)は、多くの投資家がお金を出し合ってプロに運用を任せる投資商品です。プロに運用を任せるので、そこには当然ながらコストが発生します。この記事では、インデックスファンドにおけるコストの実態について、改めて考えてみます。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログへ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました