節約・節税

節約・節税

つみたてNISA100万口座突破!今後の取り組みが面白そう

2018年12月末時点で、つみたてNISAが100万口座を突破しました。つみたてNISAがスタートした記念すべき2018年の1年間で、100万口座の大台です。この記事では、つみたてNISA100万口座突破と金融庁の今後の取り組みについて書いていきます。
節約・節税

楽天証券つみたてNISA口座で楽天カード決済の積立設定をしました

楽天証券は、積立投資家にとってメリットの多いネット証券。お得感の強いサービスが多く、そのなかでも楽天カード決済の積立投資は特徴的。この記事では、楽天証券つみたてNISA口座で楽天カード決済の積立設定をした体験談、楽天カード決済の魅力について書いていきます。
節約・節税

ふるさと納税対象外!?石田総務大臣に対する泉佐野市長の反論

100億円還元キャンペーンで、寄付が殺到している泉佐野市。特設HPにアクセスが集中しているようです。一方で、総務省はこの動きを良く思っていません。この記事では、総務省と泉佐野市のそれぞれの主張を考察するとともに、ふるさと納税制度改正について書いていきます。
節約・節税

Kyashの月間利用額公開(2019年1月)

2018年7月からKyashリアルカードを使いはじめて半年超。プリペイド式のVISAカードで、日常的使いの定番カードに。ネット決済でも、意識的に使う機会が増えた気がします。この記事では、2019年1月におけるワタシのKyash月間利用額を公開します。
節約・節税

iDeCoの年単位拠出による運用機会損失を考える

年単位拠出は拠出回数を減らすことで、手数料を削減できます。一方で、前納ができず毎月拠出と比べて運用の機会損失が考えられます。相場変動は読めませんが、機会損失をどう捉えるべきでしょう。この記事では、iDeCoの年単位拠出による運用機会損失を考察していきます。
節約・節税

宅配で不要パソコンを無料回収(みんなのメダルプロジェクト)

来年に迫る、2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会。オリパラに関連して実施されている取り組みが「都市鉱山から作る!みんなのメダルプロジェクト」です。この記事では、みんなのメダルプロジェクトで不要パソコンを無料回収してもらった話を書いていきます。
節約・節税

Kyashの月間利用額公開(2018年12月)

2018年7月からKyashリアルカードを使いはじめて半年が経過。プリペイド式のVISAカードで、日常的使いの定番カードに。バーコード決済とも相性が良く、利用しやすいカードです。この記事では、2018年12月におけるワタシのKyash月間利用額を公開します。
節約・節税

2018年分つみたてNISA枠を使い切りました

つみたてNISA1年目となる2018年が、幕を閉じようとしています。みなさん、年間40万円の非課税枠を有効活用できたでしょうか。ワタシは12月に調整して、何となりました。この記事では、2018年分のつみたてNISA枠を使い切った話について書いていきます。
節約・節税

つみたてNISAの100万口座達成が見えてきました

2018年から始まった、少額投資非課税制度のつみたてNISA。徐々に広がり、口座数が順調に伸びています。遂に大台の100万口座達成まで、あと少しという状況です。この記事では、つみたてNISAの100万口座達成が見えてきたことについて書いていきます。
節約・節税

所得がほぼ確定したのでふるさと納税控除上限額を計算しました

ふるさと納税には、自己負担2,000円で収まる控除上限額があります。上限額は人によって異なりますが、所得が確定すれば自己負担が最低限となる上限額を計算できます。この記事では、所得確定後のふるさと納税控除上限額の計算について書いていきます。
2018.12.23
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました