投資信託・ETF

投資信託・ETF

eMAXISなんでもランキング(2018年12月)

三菱UFJ国際投信は、eMAXISシリーズやネット限定のeMAXIS Slimシリーズなどを展開中です。Neoには、ナノテクノロジー・ドローンなどが追加されました。この記事では、2018年12月のeMAXISなんでもランキングについて考察します。
投資信託・ETF

全世界株式(オール・カントリー)が全世界株式(3地域均等型)超えを達成

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は、ブロガーミーティングでも要望が多かったファンド。この記事では、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)が全世界株式(3地域均等型)超えを達成したことについて書いていきます。
投資信託・ETF

eMAXIS Slim 先進国株式が「たわら超え」を達成しました

全世界株式のうち、時価総額比率で約8割を占める先進国株式。世界分散投資の花形とも言える資産クラスで、ついに大逆転劇が起こりました。この記事では、eMAXIS Slim 先進国株式がたわらノーロード先進国株式を超えたことについて書いていきます。
投資信託・ETF

海外ETFではなく投資信託(eMAXIS Slim)を選ぶ理由

インデックス投資をするには、インデックス型投資信託か上場投資信託(ETF)を買うのが一般的だと思います。両者とも運用の目的は一緒なのですが、相違点もあります。この記事では、ワタシが海外ETFではなく投資信託を選んでいる理由について書いていきます。
2018.12.21
投資信託・ETF

eMAXISなんでもランキング(2018年11月)

ノーロードインデックスファンドのトップを走る、三菱UFJ国際投信。eMAXISシリーズやネット限定のeMAXIS Slimシリーズを展開中です。この記事では、2018年11月のeMAXISなんでもランキングについて考察します。 月次販売額ランキング
投資信託・ETF

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)のランキングを確認

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)が設定されてから、初となる月間ランキングが出揃いました。この記事では、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の各種月間ランキングを確認して、設定直後の人気を探っていきます。
投資信託・ETF

ジュニアNISAで全世界株式(オール・カントリー)を50万円×3口座で買付

子供3人分のジュニアNISA口座開設から約3ヵ月。遂に買い付けを実行です。この記事では、楽天証券のジュニアNISA口座で投資信託を購入する流れと、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を50万円ずつ購入した経緯を書いていきます。
投資信託・ETF

ジュニアNISAで全世界株式(オール・カントリー)を選んだ理由

先日、子供3人分のジュニアNISA口座を開設しました。その後、運用商品を巡って右往左往しましたが、バシッと決めました。この記事では、ジュニアNISAでeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を選んだ理由について書いていきます。
投資信託・ETF

業界最低水準のコストを目指すeMAXIS Slimという選択

三菱UFJ国際投信が手掛けるeMAXIS Slim シリーズ。設定から1年半が経過しましたが、超低コストファンドとして認知され、大きな人気を集めています。この記事では、業界最低水準のコストを目指すeMAXIS Slimという選択について考察します。
投資信託・ETF

「マザーファンドの換金に伴う信託財産留保額」の損得を考える

投資信託の解約時に発生することがある、信託財産留保額。手数料無料のファンドが多く、あまり耳にしない言葉です。手数料はゼロのほうが良いと思うのが、一般的な感覚でしょう。この記事では、「マザーファンドの換金に伴う信託財産留保額」の損得を考察します。
Sponsored Link