おとなの自動車保険の補償内容を見直して更新しました

マネー雑記

青井ノボルです。

マイカーを所有している人であれば、必須であろう自動車保険。
もし事故を起こせば、多額の賠償金を支払う可能性もあります。

自動車保険にも様々な種類があり、いまは選択肢も多いです。
ワタシは現時点で、おとなの自動車保険に落ち着いています。

ロードサービスまわりを総合的に見直して、補償内容を変更。
補償内容を見直して、今年も更新の手続きを完了させました。

この記事では、補償内容を見直して、おとなの自動車保険を更新した話を書いていきます。

Sponsored Link

マイカーは贅沢品です

ワタシが自動車を所有しはじめたのは、結婚して子供が生まれてから。
贅沢品だと自覚しながらも、月2万円くらいの維持費で乗っています。

住んでいるエリアは、クルマが無くても十分に生活できる場所です。
また、レンタカーやカーシェアも比較的充実していると思います。

経済合理性を考えれば、自動車を保有するのは明らかな悪手です。
レンタカーや公共交通機関を利用したほうが、絶対に安上がり。

それでも、幼い子供を3人連れての外出は想像以上に大変です。
公共交通機関を使った移動は、親が精神的に疲れてしまいます。

カーシェアはコンパクトカー中心で、荷室が狭いのがネック。
また、思い立った時に家族でお出かけできる気軽さも欲しい。

我が家は駐車場代が激安なので、維持費を低く抑えることができます。
それでも車検や保険で月2万円くらい掛かっているので、贅沢品です。

生活必需品ではなく、贅沢品だという自覚はあります。
現時点では、便利さが勝っているという状態なのです。

おとなの自動車保険を選んだ理由

以前は、代理店経由で某大手自動車保険に加入していました。
勧められるがままに選んだ保険でしたが、ひとつだけ拘りが。

それは、個人賠償責任保険を特約で付けることです。
大手3社の自動車保険は、保険金無制限なので安心。

ただ、大手の自動車保険は保険料が相対的にやや高めです。
また保険代理店も、頼れる存在とは思えない状況でした。

そこで、保険金無制限の個人賠償責任保険に入れる自動車保険。
保険料を抑えるために、ネットで自動車保険を探していました。

この条件を満たすネット自動車保険は、1社だけでした。
セゾン自動車火災保険による、おとなの自動車保険です。

40代以上向けのイメージがありますが、30代も入れます。
ネット自動車保険ですから、当然保険料は抑えられます。

ちなみに、個人賠償責任保険は優先度が高いと思います。
自動車保険に限らず、加入する方法はいくつか存在します。

特に幼い子供をもつ子育て世代は、加入を検討しましょう。

保険金無制限で特約を付けられる、おとなの自動車保険。
乗り換えてから数年経ちますが、今のところ無事故です。

ワタシにとっては良い選択ができていると感じています。

ロードサービスを見直しました

自動車にトラブルがあった時、対応を依頼するロードサービス。
タイヤのパンクで1度だけ使いましたが、やっぱり安心ですね。

ロードサービスの契約は欠かせないので、JAFに加入していました。
ただ、JAFは会報誌が送られてくるなど無駄が多い印象でした。

また、加入当時は夫婦が一緒に車に乗ることを想定していました。
最近は、妻が子供だけで車に乗るようなケースもたまにあります。

JAF加入は車ではなく人単位なので、契約者が同乗していると対象に。
逆に言えば、加入者のワタシが同乗していないと対象外になります。

JAF年会費は4,000円で、家族会員で妻も入ると合計6,000円です。

一方で、おとなの自動車保険では車単位でのロードサービス特約。
特約を付けることによって保険料は、2,000円弱のプラスでした。

もちろん、安ければ良いというものではありません。
補償内容については、こちらの記事が詳しいです。

いつもお世話になっている、じゅん@さんのブログです。
投資ではなく、家計&資産管理ブログの記事になります。

自宅駐車場におけるバッテリートラブル、たしかに多そうです。
おとなの自動車保険のロードサービス、必要十分だと感じます。

じゅん@さんの記事が後押しとなり、JAFからの乗換決定です。

自動車保険で気になったこと

今回は補償内容を少し変更して、おとなの自動車保険を更新しました。
この選択肢が最善なのかは、事故が起きてみないと正直分かりません。

口コミサイトを眺めたこともありますが、まさに賛否両論です。
どの保険会社でも、良い口コミと悪い口コミが混在しています。

少し前には、弁護士から見た損保会社というツイートが話題に。

ワタシも弁護士費用特約を付けているので、気になる内容です。
真偽は定かではありませんが、損保会社もピンキリなんですね。

いざという時の対応と保険料、バランスが難しいところ。

今回は総合的に判断して、おとなの自動車保険を更新しました。
無事故を継続しながら、保険は定期的に見直したいと思います。

 

青井ノボル
青井ノボル

皆さんの応援が励みになります

にほんブログ村 株ブログへ

●twitterもやってます●

関連記事紹介

郵便局による生命保険の押し売りが話題になったこともありました。
社会的信用を背景に、不適正営業を繰り返していたのなら残念です。

郵便局で保険の押し売りが常態化!?その背景にある課題とは
郵便局員によるかんぽ生命保険商品の不適正営業問題のテレビ番組を見ました。保険も投資も、一般市民からすると仕組みが分かりづらい金融商品という意味では、大枠は一緒です。金融商品の販売現場で何が起きているのか、不適正営業に走る要因と課題について考えてみます。

私立幼稚園に入園すると、ほぼ間違いなく加入を勧められる園児24保険。
補償内容をしっかり確認した上で、その必要性を吟味すべきだと思います。

園児総合補償制度(園児24保険)の補償は不要なので加入しません
【※2018/10/15更新】私立幼稚園に通っていると、ほぼ確実に勧められるのが園児総合補償制度(園児24保険)です。春から幼稚園に入園・進級する人には悩ましい問題です。今回は、園児総合補償制度(園児24保険)の中身を確認し、本当に加入すべきか考えます。

コメント

  1. くまさん より:

    うちは地方なので車は生活必需品になりますね。
    通勤は往復60キロ、片道朝は30分、帰りは40分といったところでしょうか。

    任意保険は大手、7万円/年(20等級)くらいですね。事故歴はゼロ(スリップ追突1回ありますが、双方ダメージほぼ無しで相手さんは車古いんで菓子折りで謝りました)。

    個人的な任意保険のポイントは・・・
    1.保険料(商品の内容)
    2.対応力(事故の際の相手側との交渉)
    になってくるかと思います。

    では、うちの保険はぶっちゃけ保険料は大手なので安くはないと思います。試しにおとなの自動車保険で試算してみたら25000円くらいでした・・・、1/3近くになりますね。
    HPサイト少し読んでみましたが「損保ジャパン日本興亜グループの安心の事故対応力」っていうのはつまるところ事故の対応は損保ジャパンがするってのかな?
    うちは損保ジャパンで契約してるので保険料(代理店の経費を負担して)で、同じ対応力(損保ジャパンの人が事故処理)って気がしてきた。

    • 青井ノボル 青井ノボル より:

      コメントありがとうございます。
      損ジャグループだから、事故対応の窓口は損ジャ?とワタシも疑問に感じました。
      ホームページを見る限りでは、ちょっと分かりませんでしたが・・・。
      ちなみに外部機関の調査では、損ジャとセゾンは別扱いになっています。
      ご参考:https://japan.jdpower.com/ja/press-releases/2018_Japan_Auto_Insurance_Claims_Satisfaction_Study
      整備工場などのネットワークは共通で事故対応は別なのかなと推測します。

タイトルとURLをコピーしました