今年も大台に乗った夏ボーナスを何に使うべきか考える

マネー雑記

青井ノボルです。

サラリーマンにはボーナスを楽しみにしている人も多いかと思います。
まとまった金額が手に入ることから、純粋に嬉しい気持ちもあります。

夏ボーナスは6月支給というケースが多く、いまは夏ボーナスシーズン。
金融機関が6月にキャンペーンを多く展開しているのも、納得できます。

ワタシもご多分に漏れず、夏ボーナスが6月に支給されるサラリーマン。
昨年よりも数万円アップして、今年の夏ボーナスも大台に乗りました。

ボーナスをどう使うか、これという正解は無い十人十色の世界です。
その人のお金の価値観が反映される要素とも言えるかもしえません。

この記事では、ワタシが夏ボーナスを何に使うべきか考えてみます。

Sponsored Link

ボーナスは一時金に過ぎない

ボーナスについては、これまでも何度か記事にしてきました。
日本で根付いている慣習であり、年収の一部となっています。

ただし月々の給与とは異なり、経営者側が調整しやすい一時金。
ボーナスに過度な期待を寄せるのは、あまりお勧めできません。

月々の給与より、一時金であるボーナスの方がカットしやすい。
調整弁となる可能性が高いのは、過去の実績からも明らかです。

リーマンショックの頃、ボーナス平均額は大きく落ち込みました。
業績連動型賞与でなくても、軒並み減額となっていたと思います。

ボーナスは絶対に貰えるものだと過信しないことも必要でしょう。
生活に必要な支出をボーナスに頼るのは、リスクが高い行為です。

額面アップも手取り減少という事態に

ワタシの場合、夏と冬にボーナスが支給される職場です。
夏ボーナスは冬よりやや少額ですが、大差はありません。

昨年の夏ボーナスと比較すると、支給額は数万円アップです。
ありがたいことに、今年も大台を突破することができました。

ただし、手取り金額で比べてみると若干ながら減少していて。
差し引かれる項目に着目して、明細を見比べたら理由は明白。

昨年と比べて、源泉所得税が大幅にアップしていたのです。

額面金額がアップした分と、ほぼ同じくらい所得税が増加。
これでは手取りが減ってしまうのも、仕方の無いことです。

源泉徴収された所得税は、年末調整により返ってくるもの。
仕方が無いと諦めて、戻ってくるのを静かに待つだけです。

ボーナスが増えても、手取り金額が減るということもある。
これは意外な展開でしたが、こんな事態もあり得るのです。

ボーナスの源泉所得税は前月給与がポイント

夏ボーナスで、手取り金額の減少という悲しい事態を引き起きた要因とは。
ボーナスから差し引かれる源泉所得税は、どうやって計算するのでしょう。

国税庁のホームぺージを確認すると、このようになっていました。

(1) 前月の給与から社会保険料等を差し引きます。
(2) 上記(1)の金額と扶養親族等の数を「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」に当てはめて税率(賞与の金額に乗ずべき率)を求めます。
(3) (賞与から社会保険料等を差し引いた金額)×上記(2)の税率
この金額が、賞与から源泉徴収する税額になります。
(引用元:タックスアンサー No.2523 賞与に対する源泉徴収

ボーナスが前月給与の10倍以上、前月給与無しといった場合を除き。
通常であれば、上記のような仕組みで機械的に計算されるようです。

前月の給与から社会保険料を差し引いた金額、というのがポイントで。
ワタシの場合、夏ボーナス支給月の前月である5月給与は高めでした。

5月の給与金額がこんなところに影響するとは、全然知りませんでした。
4月分の残業代がとても多かったので、源泉徴収税額の算出率が急上昇

賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表を確認して、理解できました。

6月・12月にボーナス支給の場合、4月・10月の残業代がポイント。
年末調整などで所得税は再計算されますが、覚えておきましょう。

夏ボーナスをどう使うか

夏ボーナスを何に使うべき、という問いに対して。
全て投資する、という個人投資家も多いようです。

ワタシは、夏ボーナスに合わて買い物はしません。
また、全額を投資にまわすという選択もしません。

もちろん、つみたてNISAとiDeCoの積立投資は継続していきます。
課税口座で夏ボーナスによる追加投資はしない、ということです。

いま、子供たちの学費を無リスク資産で積み上げている最中です。
投資をしたい気持ちもありますが、教育資金を優先したいところ。

児童手当が1人約200万円もらえると仮定しても、残り900万円。
生活防衛費とは別に、貯めていく必要があるので結構大変です。

それでも一歩ずつ前進しているし、何より子供のためですから。
3人がすくすくと育って、自分のやりたいことができるように。

我が子は本当に可愛いので、幸せな人生を送ってもらうために。
親ができることは限られていますが、できることを精一杯やる。

「もし子供がいなかったら」と考えることもゼロではないけれど。
自分の選んだ道ですし、置かれている環境でベストを尽くすのみ。

毎日イキイキと働くことができるのも、支えてくれる家族のお陰。
いま必要なこと、優先順位を考えて夏ボーナスは使いたいですね。

お金の上手い使い方

お金を手元に取っておいても意味が無いし、使いすぎても破綻する。
貯金ではお金が増えないけど、投資はリスクと対峙する必要がある。

金融リテラシーの向上は、なかなか難易度が高いような気もします。
そしてお金の上手な使い方、これも試行錯誤するしかなさそうです。

他人と比べてどう、ではなくて。
自分としてどう考えるかの世界。

お金を何にどう使うのが、ワタシの人生において幸福感が高まるか。
ボーナス支給を契機として、考えてみても面白いかもしれませんね。

関連記事紹介

ボーナスが多ければ多いほど嬉しい、というのが人間の素直な気持ち。
ただ不確実性の高い給料ですし、所定賃金の方が重要度は高いですね。

ボーナス(賞与)が支給されない給与体系の方がお得です
6月と言えば、夏のボーナス支給日となっているサラリーマンも多く、嬉しい季節ですよね。ところが、ボーナスが無い給与体系のほうが労働者にとってお得な場合があります。この記事では、ボーナス(賞与)が支給されない給与体系の方がお得な理由をお伝えします。

サラリーマンとしての給料を時給換算して、時間効率を高めたい。
いまは生産性を高め、時間単価を高める努力が求められています。

サラリーマン給与を時給換算したら約4,650円でした(2018年版)
働き方改革関連法案が成立し、2019年4月から有給5日取得義務化が開始。サラリーマンには「業務を効率的に終わらせること」が求められています。この記事では、サラリーマンとしてのワタシの2018年給与を時給換算したうえで、働き方について考察します。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログへ

●twitterもやってます●

コメント

  1. 匿名 より:

    ボーナスの源泉徴収税額って最終的には年末調整で調整されるのであんまり意味なくないですか?

    • 青井ノボル 青井ノボル より:

      コメントありがとうございます。
      年末調整や確定申告で、還付を受ける可能性が高そうです。
      資金繰りの視点で見ると、キャッシュインが遅くなる分だけ損ではあるかなと考えます。

タイトルとURLをコピーしました