ブログは数多く読まれないと存在価値が無いのだろうか

ブログ運営

青井ノボルです。

ブログを書き始めて8ヵ月が経とうとしています。

インデックス投資への投資準備から書き始めたブログ。
今では、ごくありふれた日常生活に溶け込んでいます。

とても有難いことに、読んでいただける方も増えてきました。
これは当初予想していなかったことであり、嬉しい限りです。

何度か記事にしていますが、ブログを書くのは長期投資のため。
つまり、究極的には自分自身のために書いているのが原点です。

ただ、それで本当に良いのかと少し悩んでいる部分もあります。

この記事では、ブログは数多く読まれないと存在価値が無いのかどうか、考えたことを書いていきます。

Sponsored Link

プロダクトアウト寄りのブログです

マーケティング用語に、プロダクトアウトという言葉があります。
企業が作りたいもの・作れるものを作り、販売するスタイルです。

プロダクトアウトと対をなす言葉は、マーケットイン
顧客の意見やニーズを汲み取り、ものを作るスタイルです。

ブログで言えば、まずは検索ボリュームや上位表示ページを研究。
想定読者層が欲する情報を意識して、ひとつの記事にまとめていく。

このケースは、マーケットイン的なブログ運営と言えるでしょう。

一方で、ワタシのように書きたいことを書き綴っているブログ。
どちらかといえば、プロダクトアウト寄りの運営スタイルですね。

読者の存在を意識すべきか

ワタシはプロダクトアウト寄りのブログ運営ですが、読者の存在は意識しています。
読みやすい構成・文章となるように、最低限のことは気を付けているつもりです。

それでも、ブログ記事の中身については一定の拘りを持っています。

客観的事実の羅列ではなく、自分がどう考えたかを中心に書きたい。
現時点ではこの想いが最優先となっていて、かなり好き勝手に書いています。

もちろん、明らかに事実ではないことを書かないようにと心掛けています。
それでも言葉足らずだったり、解釈の違いにより誤解を生むこともある。

自分の考えたことをハッキリと書くことは、ある意味ではリスクです。
リスクですが、プラスにもマイナスにも振れるバラツキだったりします。

こういう考え方もあると親切に教えていただくこと、結構あります。

ブログを書くことで、自分自身の頭の中を整理することに繋がります。
そして、書いたブログへの反応から新たに学ぶこともできるワケです。

読者の存在は意識しますが、過度に意識しないように気を付けています。
意識しすぎて、誰でも書けるような無機質な記事にはしたくないのです。

物事の価値とは人の求める数

ブログはどうあるべきなのか、悩んでいるときにこの言葉に出会いました。

「物事の価値とは人の求める数」

百獣の王でお馴染み、タレントの武井壮さんによる言葉だそうです。
むねやんさんのコチラの記事で知りました。

【祝】ブログ開設1周年を迎えました! | むねろぐ ~米国株式・配当再投資でまったりリッチ~
ごきげんいかがですか。 むねやんです。 今回はブログ開設1周年のお話です。 ブログ開設1周年 ご報告です! お陰様をもちまして、ブログ開設1周年を迎えることと相成りました。 皆様、応援ありがとうございます!! やったぜー …

むねやんさんは、米国株界隈において際立って良心的な記事を書かれています。
家事・育児にも積極的で、個人的にはご家族絡みのハートフルな記事が好きです。

さて「物事の価値とは人の求める数」という言葉ですが、なかなか深いです。

世界最高品質の製品だったとしても、認知されなければ社会的な意味は無い。
世界で10番目の品質だけど多く人の愛される製品は、高い社会的価値がある。

ワタシは、最高品質だとしても独りよがりでは意味が無いと解釈しました。

確かにそうなんですが、多くの人に愛されることと品質を天秤にかけたとき。
どちらか一方に振れ過ぎてもいけない、と考えることも大事かなと思います。

人が求めるからといって、悪い意味で過激な記事を書くのは良くないでしょう。
人が求めるからといって、SEO対策重視の中身の無い記事は書きたくないです。

ブログを趣味として続けていく以上、読者を増やすために無理はしたくない。
これだけは絶対防衛ラインとして、これからも守り続けたいと感じたのです。

とはいえ、多くの人に読んでもらった方がやりがいもあると思います。
ブロガーとして、バランス感覚が試される領域なのかもしれません。

無理のない範囲でSEO対策も取り入れたい

ありがたいことに、当ブログはリピーターの方が多いです。

Twitterや相互リンク先、ブログ村からのアクセスが大多数。
検索エンジンからの流入は、まだまだ割合が低いと思います。

ブログを書くスタンスや内容を変えていくつもりは、全くありません。
ただ、同じ文章でも表現や言葉のチョイスで少しは変わるハズです。

中小企業診断士として、ネット関連の経営アドバイスも武器にしたい。
そういう意味では、SEO対策についてもう少し勉強したいところ。

自分のスタイルを堅持しながら、どこまでできるかは未知数。
それでもきっと、チャレンジしてみる価値はあると思います。

自分らしく書き続けたい

話が少し戻りますが、読者を意識しすぎるとワタシの場合はダメです。
読まれる数も意識はしますが、優先順位を低めに考えたいと思います。

全く意識しないのは駄目だけど、意識しすぎるのは避けたいところ。

社会的に価値があるブログかどうか、最終的に決めるのは他人。
ただし、自分にとって価値あるブログであることが大前提です。

数多くの人に読まれるブログこそ、社会的な価値があるのでしょう。
それでも、自分が書きたいスタイルを貫くことを優先したいのです。

ワタシは、あまり器用に生きていけないタイプだと思います。
存在価値が無いかもしれませんが、自分らしく書き続けます。

 

関連記事紹介

ブログを半年間書き続けたことで、様々な変化が起きました。
投資はもちろん、ブログも長く続けていければと考えています。

ブログをはじめてから半年間で変わったこと
今から半年前の2018/2/1、ブログ「インデックス投資で長期縦走へ」を開設しました。今日でちょうど6ヵ月です。あっという間に駆け抜けた半年間で、色んな変化がありました。この記事では、ブログをはじめてから半年間で変わったことについて書いていきます。

想いを込めて書いているブログだからこそ、パクリは絶対に許せません。
ブログの丸パクリには、正当な手段で粛々と対応することが大事です。

ブログ記事を丸ごとパクられたので通報対応した結果
7月のある日のこと。ワタシのブログ記事が丸々パクられることが発覚しました。全てのブロガーにとって、同様の被害に遭ってしまう可能性が無いとは言い切れません。この記事では、パクリ発覚から通報対応をするまでの経緯、その結果について書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

1日1回の応援が励みになります

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

●twitterもやってます●

コメント