ブログは読者のためではなく自分のために書いています

ブログ運営

青井ノボルです。

ブログは何のために書くべきか、色んな考え方があります。

読まれなければ意味がない、検索で出てこないと意味がない。
読者に価値を提供すべきで、読んで良かったと思われたい。

いろんな想いや考え方があって、当然なんだと思います。
ブログを書く理由に、絶対的な正解なんて無いからです。

それでも、Twitter界隈のブロガーさんはPV数を意識して。
更に、広告収入を中心とした収益増加を目指す人もいます。

良し悪しではなくて、そう考える人も多いということです。

ワタシの場合は、ブログは数字を追いかけるためではなく。
ブログを書くことで自分の想いや投資の考え方を固めたい。

読者よりも自分のために、ブログを書き続けたいのです。
この記事では、「ブログは読者のためではなく自分のために書く」という考え方について書いていきます。

スポンサーリンク

検索で求められるのは客観情報

インターネットで調べ物をしているときは、答えを知りたいとき。
ワタシもネット検索のときは、答えをすぐに知りたいと思います。

ですから、ピンポイントに答えが載っているサイトが好ましい。
更に言えば、情報ソースが明示されていれば尚良しでしょうか。

つまり、客観的な情報が書いてあれば大体は事足りるでしょう。
読者が求めているの情報さえ書いてあれば、経緯など不要です。

個人の投資ブログで、この路線を突き進むとどうなるかというと。
客観的事実が羅列された無個性な記事が量産されることでしょう。

検索する人たちが求めていることを追求するのであればと考えると。
主観を取り除いた客観的な情報を提供するのが良いのだと思います。

キュレーションサイトでコピペ記事が横行していたような構図に。
独自性のない記事を量産するのであれば、それは単なる作業です。

調べ物の検索に対して、簡素な回答を提供するという方針だとして。
個人ブログを続ける場合は、収益がモチベーションなのでしょうか。

読者が求めるものは十人十色

ブログは読者への価値提供を意識しましょう、という話があります。
自分の発信したブログ記事が、誰かの役に立つなら嬉しいものです。

読者といっても、ブログを読む目的は人により違ってくる世界。
目的が違えば、もちろんブログに求めている内容も異なります。

特に最近は、ニーズが細分化されていると言われています。
みんなで同じものを楽しむ、という時代は遠い昔の話です。

投資ブログの読者も、投資の最新情報を知りたい人がいれば。
個人投資家の日常生活を覗いてみたい人だっているでしょう。

知識を習得したい人もいれば、既知の事実を振り返りたい人も。
個人ブログに読者が求めているものは、十人十色なのでしょう。

万人に好まれるようなブログ記事は、難しいものだと思います。

自分らしく書くことを大切にしています

ブログを書くとき、ワタシは自分らしく書きたいと思っていて。
「ワタシはこう考える」という主観を全開にして書いています。

もともと、投資ブログを書き続ける理由というのがあって。
投資を続けるためのアプトプットツールだと考えています。

自分の考えを整理するためにも、自分らしく書くことが大事で。
背伸びをせずに、投資素人である等身大の自分で書いています。

独りよがりにならないように、読みやすい文章は心掛けています。
ただし読者のためにブログを書くというよりも、自分のためです。

多くの人に読んでもらえる工夫よりも、自分の想いを文章に乗せる。
読者が知りたい内容よりも、ワタシが書きたい内容を優先して綴る。

他人の目を過度に気にすることもなく、自由気ままに書いています。

コントロールできることに集中する

長期投資をしっかりと継続するために、投資ブログも継続したい。
ブログも投資と一緒で、長く続けることに意味があるのだとして。

外部環境に依らず、自分でコントロールできることに集中する。
「自分らしくブログを書く」というのは、まさにコレなのです。

PV数やブログ収益が上がれば、もちろん喜ばしいことでしょう。
読者からの好意的な反応が多ければ、素直に嬉しいと感じます。

ただし、読者や検索エンジンは個人の力ではコントロール不能
外部環境変化に惑わされると、ブログを書くのも疲れそうです。

「自分らしくブログを書くこと」だけは徹底的に拘って。
自分なりの価値を見出し、書き続けることに意味がある。

投資ブログを自分らしく書くことが、読者のためにもなる。
そんな日が来るとしたら、理想的なブログかもしれません。

ワタシはこれからも、自分のためにブログを書き続けます。

関連記事紹介

ブログの存在価値は、多くの人に読まれることなのでしょうか。
読まれるのは嬉しいですが、もっと大切なことがあると思います。

ブログは数多く読まれないと存在価値が無いのだろうか
ブログを書くのは長期投資のため。つまり、究極的には自分自身のために書いているのが原点です。ただ、それで本当に良いのかと少し悩んでいる部分もあります。この記事では、ブログは数多く読まれないと存在価値が無いのかどうか、考えたことを書いていきます。

2018年2月に始めた当ブログ、2年目に突入しています。
ブログを書き続けるということは、大きな第一歩でした。

ブログ開設1周年!インデックス投資ブログを1年間継続した結果
このブログでは、インデックス投資を中心に書き綴ってきました。気付けばもう1周年です。世間一般の中では、PV数も収益も大したことが無いブログです。ただ、ブログにより人生が充実しました。この記事では、インデックス投資ブログを1年間継続した結果を書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログへ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました