【異例の公表】eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)のポートフォリオ構成公開

投資信託・ETF

青井ノボルです。

先日設定されたばかりのeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)。
日本を含む全世界の株式へ分散投資ができる、インデックスファンドです。

ところで、当ファンドはファミリーファンド形式で運用されています。

先進国・新興国株式のマザーファンドは、すでに設定済みでした。
MSCIジャパン連動の国内株式マザーファンドのみ、新規設定です。

国内株式のマザーに関連し、本日付で情報提供資料が公表されました。

この記事では、本日公表の「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)ポートフォリオ構築のお知らせ」について書いていきます。

Sponsored Link

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は1本で世界分散投資が可能

当ファンドは、投信ブロガーの期待に応えて2018/10/31に設定されました。
時価総額比率の世界分散投資が1本でできる点が、最大の特徴となっています。


(引用元:eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)交付目論見書|三菱UFJ国際投信

先進国と新興国の株式を対象として、全世界株式に投資ができるインデックスファンド。
MSCI ACWI(配当込み)をベンチマークとし、連動した投資成果を目指します。

ACWIはオール・カントリー・ワールド・インデックスの略称で、先進国+新興国の株価指数。
MSCIワールド(先進国23ヵ国)+MSCIエマージング(新興国24ヵ国)の指数となっています。

実際の運用は、日本を除く先進国株式・新興国株式・国内株式のマザーファンドに投資します。


(引用元:eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)交付目論見書|三菱UFJ国際投信

このうち、先進国(外国株式)・新興国株式のマザーファンドは設定済み
純資産総額が積み上がっていて、運用実績も豊富なマザーファンドです。

MSCIジャパン連動の国内株式マザーファンドのみ、新規設定されました。

数少ない心配事の一つがMSCIジャパンのマザーファンド

MSCI ACWIに連動すべく、新たに設定されたMSCIジャパンのマザーファンド。
当ファンドと同じタイミングで新規設定となったため、数少ない不安要素でした。

そして、当ファンドは純資産総額0.1億円でスタート

ベビーファンドの1,000万円をマザーファンドに流すとして。
国内株式比率は7%前後なので、単純計算すると約70万円。

新設マザーにはベビーから資金が流れるだけと仮定した場合。
MSCIジャパンのマザーファンド、あまりにも少額となります。

時価総額比率の全世界株式に占める国内株式比率は、わずか7%。
影響は少ないと思いつつも、数少ない心配事だったのは事実です。

本日公表されたファンド情報提供資料の中身

本日付の「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)ポートフォリオ構築のお知らせ」資料。
資料の中身をみると、前述の心配事を解消することが目的と思われる情報がありました。

2018/11/1時点の運用資産構成と投資対象マザーファンドについて。
地域別の構成比と、マザーファンドの概要について書かれています。


(引用元:eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)ポートフォリオ構築のお知らせ

地域別の構成比は、先進国:新興国:国内株式が81.58:11.06:7.39。
全世界株式は、日本を除く先進国株式が大部分を占めています。

さて、注目のマザーファンドについて概要が載っていました。

先進国株式:外国株式インデックスマザーファンド
純資産総額:3,245.2億円
(現物比率:97.1% 先物比率:3.0%)
銘柄数:1,315銘柄

新興国株式:新興国株式インデックスマザーファンド
純資産総額:705.8億円
(現物比率:97.3% 先物比率:2.9%)
銘柄数:1,148銘柄

日本株式:日本株式インデックスマザーファンド
純資産総額:3.0億円
(現物比率:94.6% 先物比率:5.4%)
銘柄数:295銘柄

肝心のMSCIジャパンのマザーファンド、純資産総額3.0億円だそうです。
先物比率が5%を超えていますが、ほぼ現物運用でスタートしたとのこと。

MSCI指数ハンドブック(2018年5月)によると、MSCIジャパンの構成銘柄は321銘柄。
マザーファンドの銘柄数は295銘柄であり、指数の銘柄数よりは少なめです。

インデックスファンドの運用では、全銘柄を組み入れるとは限りません。
第2回ブロガーミーティングの懇親会でも、そのような話を聞きました。

純資産総額が3.0億円あり、指数構成銘柄の大部分に投資している模様。
運用実務の詳細は分かりませんが、当初の心配事は無事解消されました。

丁寧な情報提供はありがたい

インデックスファンドについて、迅速丁寧な情報提供がなされる。
異例とも言える詳細な情報提供資料の公表、素直に嬉しい限りです。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は、投信ブロガーの想いが実現したファンド。
三菱UFJ国際投信のブロガーミーティングで、話題に上がり続けていた注目のファンドです。

投信ブロガーが気になる点は、ある意味ではマニアックな部分です。
MSCIジャパンのマザーについて、わざわざ公表する義務はありません。

それでも個人投資家に対して真摯に向き合い、迅速丁寧な情報発信を行う。
この姿勢に対して、個人投資家として素直にありがたいなと感じました。

いまは「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」の投票期間中。
大事な時期なので、一生懸命情報提供をしてくれているのかもしれません。

真相は不明ですが、今後もコストが掛からない範囲で適切な情報提供を望みます。
また、個人投資家と運用会社で双方向コミュニケーションが取れると嬉しいです。

ノーロードインデックスファンド最大手の三菱UFJ国際投信には、大いに期待しています。

関連記事紹介

当ファンドの設定が発表された当日、持っている知識を全力投球して書きました。
投信ブロガーが期待していたファンドなだけに、非常に嬉しいニュースでした。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を徹底調査
三菱UFJ国際投信は本日、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を新規設定する旨をリリースしました。この記事では、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)について、ワタシなりに調べた結果をできるだけ詳しくお伝えします。

設定当日に、つみたてNISA対象商品となったことが公表されました。
資産形成のツールとして、当ファンドも定着していくことでしょう。

つみたてNISA対象!今日はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)設定記念日
2018/10/31、投信ブロガーが期待していたeMAXIS Slimの全世界株式版が遂に実現しました。つみたてNISA対象商品にもなっています。この記事では、本日設定となったeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)について書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

1日1回の応援が励みになります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

●twitterもやってます●

コメント