固定資産税(第1期)をnanaco払いでお得に納めてきました

節約・節税

青井ノボルです。

毎年この時期になると、固定資産税・都市計画税の納付書が郵送されてきます。

固定資産税は、マイホームなどの償却資産に対して課税される税金。
納税の義務があるので、毎年きちんと納付させていただいています。

先日、固定資産税全4期のうち、第1期分をnanaco払いでお得に納付してきました。
固定資産税の納付について、納期限からnanaco払いの方法までをまとめておきます。

 

固定資産税の納期限は自治体によって違う

固定資産税・都市計画税は、国税ではなく地方税の一種です。
そのため、自治体から納付書が送られてきます。

自治体によって納期限が違うので、場合によっては納期限が1ヵ月以上異なることもあり得ます。
ためしに、首都圏の主要な自治体で納期限を調べてみましたが、結構バラツキがありました。

20180407

固定資産税の納期限ですが、実は地方税法第362条第1項で定められています。

固定資産税の納期は、四月、七月、十二月及び二月中において、当該市町村の条例で定める。但し、特別の事情がある場合においては、これと異なる納期を定めることができる。
(引用元:地方税法第362条第1項)

首都圏の主要自治体でいうと、横浜市と千葉市は地方税法に定められた納期限となっています。
東京23区とさいたま市は、各自治体の条例により納期限を変更しているということですね。

 

固定資産税の納付でポイント獲得

固定資産税を払うとき、ワタシはポイント還元を獲得できるようにしています。

具体的には、まずリクルートカードでnanacoにクレジットチャージします。
その後、納付書をセブンイレブンに持っていってnanaco払いをしています。

税金などのコンビニ払いは現金が原則ですが、セブンではnananco払いが可能です。
他のコンビニでは電子マネー払いは不可ですし、セブンでも他の電子マネーは駄目です。

ちなみに、固定資産税をnanaco払いをすること自体には、nanacoポイントは発生しません
nanacoにクレジットチャージするとき、クレジットカードによってポイントが貯まるのです。

 

nanacoのクレジットチャージは慣れれば簡単

nanacoへのクレジットチャージは、nanaco公式サイトからログインして行います。

手続き自体は難しくないのですが、1点だけ注意点があります。
それは、クレジットカードの本人認証サービスの登録が必須である点です。

クレカを複数枚所有しているワタシですが、この登録作業は初めてで、少し手間取りました。
本人認証サービスの登録は一度やっておけばOK。ワタシは検索しながら何とか乗り切りました。

またリクルートカード限定の注意点としては、1ヵ月に3万円までしかポイント対象になりません
ここでいう1ヵ月の定義は、月間集計期間である毎月16日~翌月15日となっています。

1日~末日と勘違いしないように、キチンと覚えておきたい重要ポイントです。

 

セブンイレブンで固定資産税をnanaco払い

クレジットチャージをすると、一旦センター預かりの残高に追加されます。
この状態では、厳密にいうとまだnanacoにチャージされていません。

センター預かりの状態で残高確認という作業をすることで、カードへのチャージが完了します。

残高確認はレジでもお願いできますが、チキンハートなワタシはセブン銀行ATMで残高確認を済ませておくようにしています。
もし、レジでトラブってしまうと後ろに並んでいる人に迷惑を掛けてしますからね。リスク回避です。

あとは、レジで納付書を提示して、nanaco払いをすれば無事に終了です。

先日、ワタシが固定資産税の第1期分を納付したときは、数十秒でスムーズに支払うことができました。

 

固定資産税はnanaco払いでお得に

固定資産税は、nananco払いにすることでポイントをお得に貯めることができます。

特に、月3万円の制約はありますが、リクルートカードがポイント還元率1.2%でお得です。
ワタシは、税金などの公共料金支払い専用のサブカードとして作りました。

他のクレジットカードでも、nanacoチャージがポイント対象となる場合もあります。
もしかしたら、手持ちのクレジットカードでポイントが貯まるかもしれません。

固定資産税の納税は国民の義務です。納期限を確認して遅れなく納付しましょう。
そして、納付はnanaco払いにして、ポイントを獲得してみてはいかがでしょうか。

■関連記事紹介■
固定資産税などの納付に備えて、リクルートカードを作っておきました。
<関連記事:税金のnanaco払いに備えてリクルートカードを作りました

ふるさと納税も節約に繋がります。ワタシもお得に活用させてもらっています。
<参考記事:ふるさと納税を活用してお得に節約する方法

◆よかったらフォローお願いします◆

▼応援よろしくお願いします▼
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

コメント