つみたてNISAの売れ筋は日経平均連動型が上位!?

マネー雑記
Sponsored Link

青井ノボルです。

つみたてNISAがスタートしてから、早いもので3ヵ月が過ぎようとしています。

金融庁も力を入れて広報活動を展開していますが、その認知度はまだまだ発展途上です。
一方で、制度をしっかり活用している人も一定数存在する、という側面もあると思います。

そんななか、モーニングスターで気になる記事を発見しました。

 

 

つみたてNISAで倍増

さきほど紹介した記事では、つみたてNISA対象商品であるパッシブファンド127本、アクティブファンド15本について、純資金流出入額に基づいた売れ筋を紹介しています。
ただし、つみたてNISA経由での流入だけはなく、特定口座等で投資信託を購入したものを含めたすべての資金フローを対象としているとのこと。

最初になるほどなと思ったのは、このデータ。

まずパッシブファンドについて、対象商品全体の純資金流出入額の推移を開始前と開始後の3カ月で比較すると、2018年1月の開始後は毎月300億円を超えるペースで純資金流入となっており、つみたてNISA効果が伺える(図1参照)。
20180331_1

この図を見ると、つみたてNISAがスタートした2018年1月以降、毎月200億円近くが底上げされています。
つみたてNISAの影響によって、パッシブファンドへの流入が倍増したというワケです。スゴイですね!

この要因は、つみたてNISA対象商品のうち、パッシブファンドの占める割合が大きいからです。
9割くらいがパッシブファンド、アクティブファンドは限られたラインナップになっています。

パッシブ運用はベンチマークそのもののリターンを目指す運用ですが、ベンチマークには指数が用いられるケースが殆どです。
そのため、実態としてはパッシブファンド≒インデックスファンドと言っても過言ではないでしょう。

そして、つみたてNISA対象商品の基準を作っているのは監督省庁である金融庁、つまりです。

そういう意味では、金融庁が長期投資の対象としてインデックスファンドを間接的に推奨、その普及に一役買っているというコトですね。
2018年1月、ワタシがインデックスファンドに出会えたのも、金融庁によるつみたてNISAのお陰かもしれません。

 

日経平均が人気

もうひとつ面白いと思ったのは、つみたてNISA対象のパッシブファンドランキングです。

パッシブファンドの純資金流出入額ランキング(2018年1~3月までのトップ10)を見ると、同期間に144億円の純資金流入で第1位となった「野村 インデックスファンド・日経225」など、4位までが日経平均株価連動型であった(図2参照)。
20180331_2
(クリックすると大きくなります)

面白いなと思ったのは、1~4位を日経平均株価に連動するファンドが占めていること。
流入増加額のケタがひとつ違いますし、突出した人気ぶりとなっています。

日経平均というと、ニュース番組や新聞でもよく見かける一番身近な指数ですよね。
ワタシもインデックス投資を始めるまでは、MSCIコクサイなどは全く知りませんでした。

何かを始めるとき、知っているコトから初めてみるというのは、ある意味で王道かもしれません。

例えば、新卒の就職活動では日常生活に身近なメーカーや旅行代理店に人気が集まりますよね。
個別銘柄の投資であっても、まずは知っている企業・応援したい企業の株を買う人が多いです。
(まさにワタシがそうでした!)

そう考えると、つみたてNISAがキッカケで初めてパッシブファンドに投資した、という人も多そうですね。

ちなみに、この上位4ファンドの販売経路ですが、証券会社・銀行の窓口販売・ネット販売がメインだと推測されます。
というのも、ネット証券大手のSBI証券で投資信託のランキングをみても、日経平均株価に連動する投資信託はほぼ上位に入っていません。

唯一、ニッセイ日経225インデックスファンドだけは販売金額TOP10に入っていましたが、信託報酬が低いからでしょうか。
改めて、証券会社・銀行の販売力はスゴイなと感じるデータです。

 

売れ筋ファンドの明暗

さきほどの、パッシブファンド売れ筋ランキング、5位以降は投信ブロガーにとってお馴染みのファンドばかり。
主にネット証券経由で流入額が増えていると思われるファンド達で、いずれも信託報酬は低い水準となっています。

まず、投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Yearでも上位常連
ニッセイ外国株式インデックスファンド、その人気ぶりは日経平均ファンドに迫る勢いです。
ただ、つみたてNISA開始後の伸びはイマイチ。表の一番右側を見れば分かりますが、あまり伸びていません。
既存顧客の支持は厚いものの、新規顧客の獲得には苦戦している様子が伺えます。

一方、つみたてNISA開始後に急速に伸びているのが、話題沸騰中のeMAXIS Slim 先進国株式です。
流入額の増加ペースが一気に上がっていることが分かります。

これは、つみたてNISAスタート直前の2017年12月に信託報酬の大幅引き下げを発表したことが要因だと推測されます。
発表タイミングが最高だったのはもちろん、年0.1890%→年0.1095%という大胆な引き下げのインパクトも大きかったですよね。

そのほか、7位の楽天VTI、8位の楽天VTも好調のようです。
あのVTやVTIに手軽に投資できる、という画期的なファンドですからね。
投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017で1位と3位を獲得しただけあります。

 

更なる広がりに期待

今回のデータで、つみたてNISA開始によってインデックスファンドへの長期投資が浸透しつつあることが分かりました。
その影響力はワタシの想像よりは大きいものでしたが、「貯蓄から投資へ」を世の中に広めるまでには至っていないのが現状。

また、売れ筋上位を日経平均連動のファンドが占めているのも、世界分散投資がまだまだマイナーであることの証左といえます。

ワタシは、個人投資家、特にサラリーマンにはインデックスファンドへの長期投資が最適だと考えています。
インデックス投資で全世界への分散投資が低コストで簡単にできていしまう、素晴らしい時代です。

今度もつみたてNISAの制度が広まることで、インデックス投資界隈が更に盛り上がることを期待しています。

 

■関連記事紹介■
つみたてNISAでワタシが実際に投資しているファンドと設定について書きました。
<関連記事:つみたてNISAで投資する投資信託と積立設定を公開

つみたてNISAの認知度は、ワタシが予想していた以上に低かったようです。
<関連記事:つみたてNISAの認知度は想像以上に低かった

▼インデックス投資界隈を盛り上げている皆さんのブログ▼
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

 

マネー雑記
Sponsored Link
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
青井ノボルをフォローする
インデックス投資で長期縦走へ

コメント