オフレコ話満載の三菱UFJ国際投信ブロガーミーティングに参加

投資イベント

青井ノボルです。

2018/3/27に開催された、三菱UFJ国際投信主催のブロガーミーティングに参加してきました。

今回のイベントは、投資初心者ではなく投資リテラシーの高いブロガー向けに開催したそうです。
なぜかワタシのような初心者ブロガーにもお誘いがあり、折角なので参加してみました。

結論から言うと参加して大正解でした。とても勉強になったし、純粋に楽しかったですね。
こうした投資イベントには初参加で緊張しましたが、懇親会終了まであっという間でした。

オフレコの話が多すぎて全てをお伝えするのは難しいですが、簡単にレポートします。

 

なぜ3地域均等型なのか

今回のブロガーミーティング、登壇者は、三菱UFJ国際投信の取締役代田秀雄氏、楽天証券の山崎元氏、イボットソンの小松原宰明氏のお三方。
前半にそれぞれからお話をされて、後半はブロガーとの意見交換・質疑応答という形式でした。

前半の内容としては、eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)に関連した話題が中心だったかなという印象です。

最初に代田氏から、(1)eMAXISのラインナップについて(2)3地域均等で考えたこと、の話がありました。
手書きメモと記憶を頼りに、ざっくりと内容を書き出すとこんな感じ。

(1)eMAXISのラインナップについて

  • 販路別に、①ネット専業証券、②証券会社・銀行のネット販売、③証券会社・銀行の対面販売の3種類に切り分けて考えている。
  • ①は交付目論見書など、紙を一切使わないと割り切れるのでコストが抑えられる
  • ②③はどうしても紙が必要なので、その分のコストが掛かる。
  • eMAXIS Slimシリーズは、①でしか広まらないと思われる。
  • つみたててんとうシリーズは、③向けにつみたてNISAの制度説明資料を作成したり、販社のサポートも充実させている。第一地銀の半分くらいで取り扱いあり。
  • eMAXIS Slimシリーズの信託報酬引き下げは、都度、販社との協議や監督省庁等への届出など手間がかかるが、最低コスト維持のために割り切ってやっている。
(2)3地域均等で考えたこと
  • 全世界株式(除く日本)については、投資ブロガーの反応が良かったが、全世界株式(3地域均等型)への反応はマチマチだった。
  • 3地域均等とオールカントリー(時価総額比)のパフォーマンスには大差がない。3地域均等も悪くないと考えた。
  • ホームアセットバイアスを考慮すると、日本人投資家の資産配分で国内株式を8%しか持たないのは違和感があるのでは。
  • GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は、地域均等ウェートとしている。年金運用は一般的に、オールカントリーよりも自国ウェートが高いことが多い。
  • オールカントリーの新興国割合は約1割だが、成長余地を考えると3地域均等もアリなのでは。
  • 以上のことから、あえて3地域均等にチャレンジすることにした。

(1)はネットで見聞きした情報とほぼ一緒でしたが、後半の質疑応答でオフレコ話が連発されることに!
ブログに書けないのが本当に残念ですが、個人的にはすごく勉強になりました。

(2)は、3地域均等型を設定するまでの考えが分かったので、聞いていて面白かったです。
個人的には、ホームアセットバイアスについて、もう少し勉強しておこうと感じました。

 

地域分散効果を再確認

前半における2番目の話は、イボットソン・アソシエイツ・ジャパンの小松氏から「グローバル株式投資における地域分散の効果」について。

十数スライドの資料で説明していただいたんですが、この話はとても興味深いなと思いました。
いただいた資料はブログ公開OKとのことだったので、別の記事で改めて触れるつもりです。

ここではメモと記憶を頼りに、内容の一部を簡単に書いておきます。

  • 時価総額ウェイトが投資家にとって本当に良いのかは考える余地あり。市場インデックス呪縛からの解放。
  • 投資対象のリスクおよびリターンがどうなのか、国ごとに考えたほうが良いのでは。
  • 割安株を買って割高株を売るのが良い、という考え方もある。
  • 過去リターンの折れ線グラフ、片対数(log)で見たほうが良い場合もある。
  • (イボットソンの考える期待リターンと推定リスクでは)MSCIコクサイ(日本除く先進国)よりもオールカントリーの方が効率的フロンティアに寄っている。
  • 3地域の単純加重平均よりも、3地域均等は地域分散効果によりリスクが低減されるので、効率的フロンティアに寄っている。
効率的フロンティアというのは、弓なりの曲線になるアレですね。

イボットソンのデータでは、オールカントリーも3地域均等も、効率的フロンティアの曲線状に乗っている感じでした。

また、過去のリターンもオールカントリーと3地域均等でほぼ一緒だったのは意外でしたね。
もう少しリターンに差が出るのではという感覚だったので、3地域均等も悪くないなと感じました。

 

山崎氏の辛口コメント

前半のラストは、楽天証券の山崎氏から、両氏の話に対するコメントがありました。
辛口で有名な山崎氏なので、どんな話になるのかドキドキしながら聞いていたのは内緒です。

一番印象に残ったのは、「サテライト戦略なんて不要」とバッサリ斬られていたこと。
ここまでハッキリ言ってもらえると、聞いているほうも気持ち良いですね!

また、個人投資家はシンプルに考えるほうが良いという話もありました。
3地域均等は割合が固定されているのでリスクコントロールしやすくて良いのでは、とのこと。

そして、eMAXIS Slimシリーズは手数料を下げ続けるメカニズムなので今後が楽しみという発言もありました。
「個人投資家が他の運用会社をけしかけて、信託報酬を下げさせれば、eMAXIS Slimはもっと下がりますよ!」なんていう冗談(?)もあったりして、聞いていて全然飽きない話ばかりでした。

 

並々ならぬ意気込み

後半戦は、参加した投資ブロガーからの質疑応答・意見交換タイムだったんですが・・・。
ここで出た話の半分くらいがオフレコの話なので、ほとんど書くことができません!

そして先輩ブロガーの皆さんの質問レベルが高すぎて、ちょっとビビりながら聞いてました。
ワタシが聞いてみたいと思っていた質問もあり、なるほどなと思うことも多かったです。

そういえば、書いて大丈夫だと思われる範囲で、印象に残ったことがひとつありました。
それは代田氏から発言のあった、投信マーケットに対する考え方と、それに対する三菱UFJ国際投信の意気込みについてです。

  • 販路別に考えたとき、ネット専業証券では従来eMAXIS(Fat)→eMAXIS Slimへの移行が続くと見ている。
  • 証券会社・銀行のネット販売では、従来eMAXIS(Fat)もまだ伸びていて、今後もそれが続くと見ている。
  • 販路(マーケット)ごとに戦略を考えなければいけない。
  • 国内の投資信託マーケットはほぼ横ばい。
  • ノーロードインデックスファンドのマーケットは年20%で伸びている。ここでもNo.1を目指す絶対に勝ち残る
「日本のバンガード社を目指す!」という話もあったりして、並々ならぬ意気込みを感じたのでした。

懇親会も良かったです

ブロガーミーティング終了後は、希望者のみで有料の懇親会が開催されました。
8割以上のブロガーが、そのまま懇親会に参加していたと思います。

ここでは、代田氏がいる輪の中であんな話やこんな話を聞くことができて、とても有意義でした。
ベンチマークとの乖離について、実質コストについて、パッシブ運用の体制について、などなど。

書籍やネットの情報収集だけでは得られない、その人から生の話を聞くことができる。
投資イベントに参加するメリットって、そういうことなんだなと実感しましたね。

勉強になる話をたくさん聞くことができた懇親会は、1時間くらいで終了しました。

そして最後、会場を出る前にロスタイムに周囲にいたブロガーさんと念願の名刺交換
ブロガー名刺があると、自己紹介がスムーズにできて良いですね。つくった甲斐がありました。

みなさんブログを勝手に拝見したことがある方ばかりで、すごく楽しいひとときでした。
もっといろいろお話をしてみたかったんですが、今回は時間が無くて断念・・・。

というわけで、参加できて良かったなと思える素敵なブロガーミーティングでした。

運用会社主催のイベントですので、発言の一部は割り引いて理解する必要があるなとは思いつつ。
今回のブロガーミーティングを通じて、個人投資家と向き合おうとする姿勢を感じることができました。

ワタシはこれからも、業界最低水準の運用コストを目指し続けるeMAXIS Slimシリーズでインデックス投資を続けようと思います。

 

■関連記事紹介■
全世界株式(3地域均等型)の設定が発表されたときに、投資すべきか考えました。
<関連記事:eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)に投資すべきか考える

細かい話はオフレコで書けませんが・・・。年度内スタートに向けて準備中とのことでした。
<関連記事:eMAXIS Slim シリーズがネット直販開始へ!

 

コメント

  1. WATANKO より:

    万年素人個人投資家のWATANKOです。先日のMTGではご挨拶させていただきましてありがとうございます。当方ブログにリンクを貼らせていただきました。
    別件ですが、私も中小企業診断士(2000年取得)です。いまでは診断士としての活動はサッパリですが・笑

  2. 青井ノボル より:

    先日はご挨拶させていただき、ありがとうございました!
    投資ブログの大先輩にリンクを貼っていただき、恐縮です。当ブログからもリンクを貼らせていただきました。
    そして、診断士でも大先輩だったとは!次回はゆっくりお話し伺ってみたいです。
    今後ともよろしくお願いします。