eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)の信託報酬率引き下げ実施。Slimシリーズはやっぱりスゴい!

投資信託・ETF
Sponsored Link

青井ノボルです。

三菱UFJ国際投信はeMAXIS Slimの8資産均等型バランスファンドについて、信託報酬引き下げ実施を発表しました。

リリース資料によると、信託報酬を年0.209%→0.160%(税抜)に大幅引き下げするとのこと。
「業界最低水準の運用コストを将来にわたって目指し続ける」にトコトンこだわる姿勢は流石です。

類似ファンドにも徹底対応

今回の信託報酬引き下げですが、りそなアセットマネジメントのSmart-i 8資産バランス 安定型(信託報酬年0.160%)に対抗したものと考えられます。
<参考:https://www.morningstar.co.jp/newfundWeb/NewfundPart.do?msfundCode=TMP180329

りそなAMのバランスファンド、その資産配分をよく見てみると、8資産均等ではありません。
それでも、似たようなファンドが出たらeMAXIS Slimは徹底的に対抗していくというワケです。

業界最低水準のコストを目指し続ける、という謳い文句を愚直に実践していますね。

 

1/8均等な投資割合

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)は、その名の通り8つの資産へ均等投資するバランスファンドです。
20180316
(引用元:eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 交付目論見書より抜粋)

幅広い資産に分散投資できることから、人気のある投資信託のひとつとなっています。

図表化された投資割合をみると、綺麗に8等分されているのが気持ちいいですね。

 

Slimシリーズのココがスゴい

今回の引き下げニュースをうけて、ワタシはeMAXIS Slimシリーズのスゴさを再認識しました。

繰り返しになりますが、Slimシリーズは「業界最低水準の運用コストを将来にわたって目指し続ける」を徹底しています。
Slimシリーズは現時点で7本設定されていて、今後さらに追加されるワケですが、その全てでコスト引き下げを断行しています。
今回、バランスファンドでも徹底対抗による大幅引き下げを断行して、この姿勢を貫いたのです。

eMAXIS Slimシリーズにさえ投資しておけば、ずっと最低コストを追い続けてくれる。
Slimシリーズは、この安心感を得られるという点がスゴいと思うのです。

 

乗り換えしない分で勉強を

ワタシはeMAXIS Slimシリーズで全世界株式のポートフォリオを組んでいるわけですが、
今回のニュースで、当面はSlimシリーズに投資していれば大丈夫だなと再確認しました。

積立の投資信託を乗り換えるのも手間だと思うので、これは有難いことです。

乗り換えでエネルギーを消費しない分、インデックス投資のベーシックな部分を勉強していきたいと思っています。
そして、どんな市場環境でもバイ&ホールドできる胆力を身に着けて、長期投資による資産形成を目指します。

 

■過去記事紹介■
ワタシはeMAXIS Slimシリーズで全世界株式に投資することにしています。
<参考記事:全世界株式に投資するポートフォリオを考える

eMAXIS Slimシリーズは何故信託報酬を引き下げられるのか、先進国株式を例に考えてみました。
<参考記事:eMAXIS Slim 先進国株式 はコスト的に持続可能なのか

▼ブログランキングはこちら▼
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

 

投資信託・ETF
Sponsored Link
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
青井ノボルをフォローする
インデックス投資で長期縦走へ

コメント