4人家族のサラリーマンが家財保険の更新を検討

マネー雑記

青井ノボルです。

先日のこと、家に家財保険(火災保険)の更新案内が届いていました。

ワタシは5年前の自宅マンション購入時、よく分からないまま加入
そして恥ずかしながら、これまで保険内容を把握していませんでした。

なんとなく家財保険に入っていて、更新のお知らせがきて、どうしようかと悩む。
ワタシと同じような事態を経験する人は、意外と多いのではと思います。

せっかくの機会なので、家財保険がどんなものか、また更新すべきかを考えました。

 

家財保険とは

そもそも家財保険とは何なのか、ということからよく分かっていなかったワタシ。
更新案内に同封のパンフレットやネット検索で、ようやく大枠が分かってきました。

まず、家財保険は火災保険の一部と考えると分かりやすいです。

火災保険には、建物補償と家財補償のふたつがあります。

ワタシの場合は、建物と家財が別々になっていて、保険証券が2つあります。
建物補償は35年分を一括支払い済みで、家財補償は5年更新です。

火災保険とは、住まいに関する保険のこと。
契約内容にもよりますが、火災・落雷・台風といった自然災害、子供がうっかり家電を壊した場合(不測かつ突発的な事故)も補償されます。

ワタシの家財保険は、水災は無しでそれ以外はカバーしてくれるタイプのプランでした。

 

火災保険に付帯できる地震保険

自然災害というと、日本国内では地震も心配になるところです。

地震災害は火災保険でカバーできないものの、地震保険を付帯すればカバー可能。
ただ、別途保険料が必要となってきます。

ちなみに、2017年1月より地震保険料が改訂されています。

(引用元:価格.com 地震保険の保険料・割引

首都直下型地震が想定される1都3県、そして南海トラフ地震の静岡県、地震リスクの高い地域の保険料が高いことが分かります。
ちなみに地震保険料は、地震調査研究推進本部の確率的地震動予測地図から算出されていて、どこの保険会社で契約しても保険料は原則一緒です。

ワタシの場合は、地震保険にも加入しています。そして残念なことに、保険料は一番高いランクです。

 

保険金額の目安

家財保険の適正な保険金額は、家族構成や生活水準によって異なります。

家財を新たに買いそろえる場合の目安金額、例えばこのように提示されています。

(引用元:損保ジャパン日本興亜損保 家財の買い替え費用例

「こんなにお金かかるか!?」と思わずにはいられない金額が並んでいます(※庶民の感想です)

家にある家電や衣服だけで1,000万円を下らない、そんなゴージャスな生活をしている人は極一部でしょう。
ただ、キッチン備え付けのガスコンロや食洗器、窓ガラスなども、自己所有であれば家財の範囲内です。

こういったモノも含めて積算すると、結構な金額になるのではないでしょうか。

 

家財保険の特約

火災保険には、他の保険と一緒で特約がいくつかあります。

代表的なものは、携行品損害特約でしょうか。

これは、外出時に身の回り品が偶然の事故で壊れてしまった場合の補償です。
カメラをうっかり落として壊してしまった、ひったくり犯にバッグを盗られた、などの場合に補償されます。

ほかにも、個人賠償責任特約は有名かと思います。
家族を含めて、他人に怪我を負わせたり、他人の物を壊したとき、損害賠償責任を負担する際に補償されます。
自転車運転中に接触して他人に怪我を負わせてしまった、ホテルでお湯を出しっぱなしにして水浸しにしてしまった、などの場合に補償されます。
特約の内容によっては、示談交渉を代行してくれる場合もあります。

 

今回は更新します

家財保険の更新はどうしようという本題について。

保険の基本的な考え方ですが、生活防衛費という名の貯蓄でカバーできる範囲であれば保険を掛ける必要ナシと考えています。

ワタシは生活防衛費を生活費2年分と定義していますが、まだ貯め切れていないというのが現状です。
正確に言うと、生活防衛費分の貯金はありますが、子供の教育資金まで考えると不足しています。

家財保険が今後5年間、必要かどうかを考えたとき、現時点では必要と判断しました。
地震保険についても、同様に必要だと考えます。

貯蓄がまだ十分でないこと、小さな子供を抱えていること、この2点が主な判断材料です。

またこれまでと同様に、特約は何も付けないつもりです。

携行品損害特約は、高価な身の回り品など持っていないため、貯蓄の範囲でカバーできると判断しました。
個人賠償責任特約は、絶対に必要な補償だと考えているものの、自動車保険の特約でカバーしているので、二重で入る意味はありません。
また、ワタシの加入している損保ジャパン日本興亜の火災保険では、個人賠償責任は1億円までしかカバーできないのも見送り理由のひとつです。

というわけで、家財保険についてはとりあえず今後5年間、更新して続けます。
その間に、生活防衛費を用意しつつ、インデックス投資で資産形成を目指します!

 

■過去記事紹介■
生活防衛費という名の貯蓄、4人家族のワタシにはどれくらい必要なのか考えました。
<参考記事:4人家族のサラリーマンが考える生活防衛費

全世界株式に広く分散した長期投資、インデックス投資を実践しています。
<参考記事:30代サラリーマンがインデックス投資に決めた理由

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

 

コメント