何のための資産形成なのか整理する

投資方針
Sponsored Link

青井ノボルです。

富裕層や高齢者ではなく、一般庶民でも投資を手軽にできる良い時代となりました。
今では「長期積立分散投資によって安定的な資産形成を目指す」という人も多いと思います。

投資ブログを読んでいると、多くの場合は選択する投資方法の中身に焦点を当てがち。
資産形成という概念は十人十色の捉え方があり、一般化して書きにくいんですよね。

そこで今回は、インデックス投資による資産形成の目的や目標について、自分なりに考えたことを書いていきます。

なんとなく不安な気持ち

そもそも、投資をやりたいと思ったのは、資産形成を考えたことがキッカケ。
そしていろいろ考えた結果、インデックス投資に決めたという経緯があります。

つまり、インデックス投資の目的は資産形成、というワケです。

ところで、資産形成は何のために行うのでしょうか。

ぼんやりと思い浮かべるのは、サラリーマン卒業後の生活費を確保すること。
いわゆる老後資金といわれるお金です。

老後の生活にはいくらかかる、退職時の貯金はいくら必要、などなど、世の中には色々な情報が溢れています。
最近では、老後破産というショッキングな言葉もあるようです。

こうした情報がどこまで本当なのか、またワタシにとって真に必要な情報なのか、正直なところ全然わかりません。
30代のワタシには老後はまだまだ先の話という感覚で、現実感に乏しく、具体的に何が必要かイメージできないのだと思います。

それ故に、なんとなく不安な気持ちがあって。不安だから備えようと思ったのでしょう。
輪郭がぼんやりとした状態のまま、老後資金の確保を目的として、資産形成をスタートさせたのです。

目標は曖昧でいい

何となく不安で、明確な目的もないままスタートした、資産形成としてのインデックス投資。

目的が曖昧なので、当然ながら具体的な目標もありません。
老後資金として、いつまでにいくら必要か、ハッキリとは分かっていません。

資産形成の目的も目標も、全然定まっていないというのが現実。
ただ、現時点において、ワタシはこれでいいと考えています。

通常、何かを成し遂げるためには明確な目標を持つことが大事だと言われています。
目標はより具体的に、できるだけ定量化すべきだというのがセオリーでしょう。

ただ、何十年という長い人生が思い通りに進む可能性は低いし、今後どういう道を辿るかを明確に描くこともできません。
将来のこと、しかも老後の生活がどうなるか、どうしたいかを考えても仕方ないと思っています。

これまでの人生を振り返っても、転職・結婚・住宅購入といったライフイベントなど、その時に最善と思われる選択肢を選び続けてきただけ。
事前に計画を立てて、その計画通りの人生を歩んできたワケではありません。

資産形成は一つの手段

ワタシは、資産形成を人生の選択肢を広げるための手段だと思っています。
お金が全てではありませんが、お金がないとできない事もあるからです。

今後、年金制度がどうなるか知りませんが、老後の収入は現役時代よりも確実に減ります。
一方で、平均寿命および健康寿命は延びていて、長生きの可能性もあるわけです。

一度きりの人生ですから、楽しいと思えることを満喫しながら過ごしたい。
ある程度のお金があれば、少なくとも金銭的な足枷からは解放されるでしょう。

長い人生の後半戦をエンジョイできる可能性が高まるのではないでしょうか。

アーリーリタイアを妄想

投資関連のブログを読んでいると、よく見かけるのがアーリーリタイアという言葉。
サラリーマンを早めに卒業するために、資産形成をするというパターンです。

いまや定年後もサラリーマンとして働き続けることが一般的ですが、資産形成ができればこういった選択肢もアリです。
ワタシは、家族との生活を考えると、当分サラリーマンを辞めることは無さそうですけどね。

仮に、サラリーマンを定年前に卒業できるとしたら、何がやりたいでしょうか。
妄想だけはタダなので、ワタシも少しだけ考えてみました。

現時点で考えられるのは、趣味である登山を思いっきり楽しむことです。
ブログのタイトルにもしていますが、長期縦走の山旅に出たいですね。

上高地から入山して、北アルプスの山々を縦走、そして日本海・親不知まで抜ける。
黒戸尾根から入って甲斐駒ケ岳を抜けて、南アルプスを縦走、そして寸又峡温泉へ。
利尻山にもう一度行くのもいいし、そういえば東北の飯豊山も行ってみたい・・・。

まとまった時間がないと行けない登山ルートは数多く、妄想が止まりません。

アーリーリタイアしたくなると困るので、妄想はこのへんで止めておくとして。

お金に困らない生活、人生の選択肢を増やしてくれるのは間違いなさそうです。

人生をエンジョイし続けるために

話が少し脱線してしまいましたが、資産形成は人生の選択肢を増やすひとつの手段です。

資産形成によって、老後の生活を豊かにする可能性を秘めています。
ただ、無理に資産形成をする必要はないと思っています。

所得向上に努め、節約を心がけて生活費を抑え、投資にまわせるお金を増やす。
投資にまわせるお金を増やせば、最終的なリターンを大きくできる可能性が高まる。

確かにそうなのですが、所得向上のためにやりたくもない仕事を続けたり、心が貧しくなるほど節約に走ったり、そこまでやる必要は無いかなと考えています。

長い人生をエンジョイし続けることが大事なので、ワタシはサラリーマン時代も楽しく過ごしたい。

将来のための資産形成と今を生きるための生活費、どうやってバランスを取るべきか。
結論は人それぞれだと思いますが、じっくり考えてみても面白いかもしれません。

ワタシもこれから程よいバランスを模索しながら、資産形成を目指していきます。

そして、インデックス投資や資産形成自体が目的とならないように、気を付けたいと思います。

 

■関連記事紹介■
普通のサラリーマンがインデックス投資にしようと決めたワケ、色々あります。
<関連記事:30代サラリーマンがインデックス投資に決めた理由

資産形成を積上げていく期間も人生をエンジョイできる、それがインデックス投資です。
<関連記事:インデックス投資は驚異的に手間の掛からない投資法です

◆よかったらフォローしてください◆

▼応援もらえると嬉しいです▼
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

 

投資方針
Sponsored Link
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
青井ノボルをフォローする
インデックス投資で長期縦走へ

コメント