投資と投機の違いを考える

投資方針

青井ノボルです。

投資と投機、似たような言葉ですが、その意味はちょっと違います。
今回は、投資と投機の違いについて考えてみます。

 

資本に投じるのが投資

投資とは読んで字の如く、資本に投じることを意味します。

資本と企業は元手資金を得ることで、優秀な人材を雇い、生産設備を充実させ、広告宣伝をして、事業を拡大することで収益をあげます。
投資をすることは、すなわち企業の将来的な事業拡大や収益向上の後押しをすること。将来的に事業収益が上がれば企業価値が高まります。株価上昇や配当増加となり、投資家に還元されるのです。

事業活動は必ず成功するとは限りませんが、企業が事業継続を前提としている以上、その宿命として収益をあげなくてはなりません。
そのため、投資家から資本を獲得して、収益率の高い事業活動をして、投資家に還元する。そして、投資家からの信頼を獲得し、さらなる投資を呼び込む。
このサイクルを回し続けていく必要があるワケです。

投資は、企業の事業活動を活性化するエンジンであり、回りまわって経済全体の価値を高める要因にもなり得ます。
また、将来的な事業発展に対して資本を投下するという性格上、時間はかかりますが、リターンを得る可能性は高いです。
平均的な投資家の利益がプラスになる可能性が高いため、投資はプラスサムゲームであると言われています。

 

機会に投じるのが投機

投機とは、機会に投じるという意味です。
つまり、価格変動の機会にうまく乗じて、短期的に売り買いして利益を得ようとする行為です。

収益を上げるためには安く買って高く売る、というのが基本になります。
デイトレードやFX取引がこれに該当します。
取引には必ず相手方がいるので、誰かが売れば、裏で誰かが買っています。
言い換えれば、誰かが儲かった分、誰かが損をしているということ。
いわゆるゼロサムゲームというやつですね。

価格変動が上下どちらに触れるのかを予測して、売り買いにより利ざやを得ることが重要。
投資対象企業の事業継続とか将来収益アップなど関係のない世界というワケです。

機関投資家をはじめとしたプロ投資家を中心とした心理戦、駆け引きの中で勝つか負けるかですので、一般投資家が挑むには厳しい世界といえます。

投資と異なり、うまくいけば短期間で一気に利益を得る可能性もある。
一方で、投機の世界から退場せざるを得ない損失を抱えてしまう人も多いそうです。

 

良し悪しではなく好みの問題

投資と投機、言葉の意味が違うということが分かりました。

ところで、投資のほうはまだ良いけど、投機はなんとなく悪いイメージがする。
そんなイメージを持つ人が、日本では多いと思われます。

けれども、どちらが良いとか悪いとか、そういった比較はナンセンスでしょう。
相場を読める自信があり、一気に収益を得たいのであれば投機が向いています。
じっくり時間をかけてリターンを得たいのであれば、投資が良いと思います。

ところで、投資と投機の示す意味は違うといはいえ、その線引きは曖昧でもあります。
例えば、日経平均株価のレバレッジ型ETFは投機的な投資ともいえそうです。

 

仮想通貨は投資?投機?

今話題の仮想通貨、これは投資でしょうか。それとも投機でしょうか。

通貨と呼ばれていますが、仮想通貨には中央銀行や政府の後ろ盾はありません。
ビットコインはビックカメラなどで通貨として使えたりしますが、まだまだ用途は限定的です。

仮想通貨のニュースを見る限りでは、売買需要によって価格変動が起きているように見えます。
つまり、誰かが後から買うだろうから割安な今のうちに買っておこう、といった相場の読み合いです。

過去に遡ってみると、オランダのチューリップバブルに近い状況ではないでしょうか。
世の中が投機的な熱狂に包まれているのではないか、と思うわけです。

ブロックチェーン技術が革新的で、既存産業に変革をもたらす技術なのかもしれませんが、技術的な素晴らしさと仮想通貨の価格変動は、まったく別問題のように映ります。

以上のことから、仮想通貨の売買は投機であると思います。

 

ワタシは「投資」を選択します

ワタシは普通のサラリーマンなので、相場を読む特別な能力は備わっていません。
普通の人間なので、投機を試みても平均への回帰で収益ゼロに近づくでしょう。

すぐに億り人になってサラリーマンを卒業したい、という野望もありません。
ですので、投資のほうが相性が良いと思っています。

長期投資を継続しながら市場平均の期待収益率を目指して、インデックス投資を実践していきます。

 

■関連記事紹介■
投資(長期投資)と投機(短期投資)のどちらがサラリーマン向きか考えました。
<関連記事:サラリーマンには長期投資と短期投資のどちらが有利か

投資はギャンブルと一緒、という方もいますが、その違いを考えてみました。
<関連記事:投資とギャンブルの違いを考える

▼応援よろしくお願いします▼
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

 

コメント