eMAXIS Slim 先進国株式が6回目の信託報酬引き下げへ

投資信託・ETF

青井ノボルです。

eMAXIS Slim シリーズといえば、何とっても先進国株式でしょう。
象徴的な存在である先進国株式が、今回も期待通りの引き下げです。

純資産総額が700億円に迫るなか、ライバルファンドに対抗します。
2019/12/27より、信託報酬率は年0.0965%(税抜)となります。

受益者還元型の信託報酬、削られながらも辛うじて残りました。
実質的に最低水準の運用コストであることには変わりないです。

この記事では、eMAXIS Slim 先進国株式が6回目の信託報酬引き下げを実施することについて書いていきます。

スポンサーリンク

雪だるま先進国株式に対抗

eMAXIS Slim シリーズの第1弾として、2017/2/27に新規設定。
同シリーズをここまで牽引してきた先進国株式が頑張りました。

SBIAMの雪だるま先進国株式が先日、信託報酬引き下げを発表。
2019/11/22から8営業日遅れの、2019/12/4に対抗を発表です。

従来のようにスピード感のある対抗引き下げが戻ってきました。
個人投資家としては、これは素直に喜ぶべきことだと感じます。

信託報酬の引き下げが早いと、その分パフォーマンスが上がる。
コスト水準からして誤差の範囲内ですが、良いものは良いです。

これまでと異なり、超低コストに突入したため難しい面もある。
それでも可能な範囲で、対抗引き下げを実施するのは流石です。

信託報酬引き下げの歴史を振り返る

eMAXIS Slim 先進国株式は6回も、信託報酬を引き下げています。
信託報酬の変遷について、これまでの推移を振り返ってみます。

2017/02/27 新規設定(信託報酬0.200%)
2017/10/02 信託報酬引き下げ(0.200%→0.190%)
2017/11/10 信託報酬引き下げ(0.190%→0.189%)
2018/01/30 信託報酬引き下げ(0.189%→0.1095%)
2018/07/25 信託報酬引き下げ(0.1095%→0.1090%)
2019/06/25 信託報酬引き下げ(0.1090%→0.0999%)
2019/07/08 純資産総額500億円突破、受益者還元型の信託報酬率スタート
2019/12/27 信託報酬引き下げ(0.0999%→0.0965%)

過去6回の信託報酬引き下げ、これはシリーズでも最多だと思います。
eMAXIS Slim シリーズのコンセプトを体現しているファンドですね。

引き下げ回数が多くなる理由は、競争の激しい資産クラスだからです。
先進国株式は世界分散投資の要であり、以前から重要な位置付けです。

競争率の高い先進国株式で、輝き続けるのはスゴいことだと思います。
eMAXIS Slim 先進国株式の積み重ねこそ、信頼感に繋がっています。

信託報酬引き下げも新局面に突入

前述の通り、今回の引き下げは雪だるま先進国株式が契機となりました。
雪だるま先進国株式は、2019/12/18から下記の通り引き下げをします。

tax 変更前 変更後
信託報酬 税抜 0.075% 0.062%
(内、委託会社) 税抜 0.03% 0.022%
(内、販売会社) 税抜 0.03% 0.025%
(内、受託会社) 税抜 0.015% 0.015%
投資先ETF経費率 税込 0.0345%程度 0.0345%程度
実質的信託報酬 税込 0.117%程度 0.1027%程度

雪だるま先進国株式は、米国籍ETFに投資をするファンドです。
ファンドの信託報酬に投資先ETF経費率を足すと、実質負担に。

今回の引き下げで注目すべき点は、信託報酬引き下げの内訳。
委託会社分の引き下げ幅が大きく、販売会社分は抑制的です。

恐らく、販売会社が引き下げに付き合う場合の限界値が近い。
ファンド自体の信託報酬が元々低いので、やむを得ないと思います。

一方で、対抗引き下げを実施するeMAXIS Slim 先進国株式。
こちらもやはり超低コスト、懐事情は似通っているようです。

変更前 変更後
信託報酬 0.0999% 0.0965%
(内、委託会社) 0.03995% 0.03825%
(内、販売会社) 0.03995% 0.03825%
(内、受託会社) 0.020% 0.020%

信託報酬の内訳を見ると、委託会社と販売会社で痛み分け
この点は雪だるま先進国株式よりも余裕がある気もします。

ファンドの純資産総額に応じて 変更前 変更後
500億円未満の部分 0.0999% 0.0965%
500億円以上1,000億円未満の部分 0.0949% 0.0932%
1,000億円以上の部分 0.0899% 0.0899%

受益者還元型の信託報酬、つまり純資産総額が増えたときの信託報酬。
純資産総額が積み重なってくると、ディスカウントされる仕組みです。

こちらは従来と比較して、引き下げ幅が抑制的となっています。
信託報酬の引き下げも限界が近づいている証左かもしれません。

eMAXIS Slim 先進国株式のライバルは手強い

eMAXIS Slim 先進国株式は、信託報酬の対抗引き下げを実施。
今回はタイムリーに引き下げ発表があり、安心感がありました。

一方で受益者還元型の信託報酬は、やや抑制的な変更に留まります。
引き下げ競争が新たな次元に突入したことを感じさせられます。

また、引き下げ実施のタイミングも雪だるまに後塵を拝する結果に。
ライバルファンドでも、eMAXIS Slim対策が進んでいるのでしょう。

先進国株式は競争が激しいですが、主なファンドは絞られています。
雪だるま、たわら、ニッセイ、そしてeMAXIS Slimシリーズの争い。

eMAXIS Slim 先進国株式が優勢ではありますが、今後どうなるか。
ライバルファンドも手強いので、気が抜けない状況が続きそうです。

関連記事紹介

eMAXIS Slim 先進国株式の純資産総額は順調に伸びています。
結果として実質的な信託報酬が下がり続ければ、好循環ですね。

eMAXIS Slim 先進国株式が順調に600億円を突破
eMAXIS Slim シリーズといえば、看板ファンドは先進国株式。これまでシリーズを先頭で引っ張ってきた、象徴的な存在です。この記事では、eMAXIS Slim 先進国株式が順調に純資産総額600億円を突破したことについて書いていきます。

eMAXIS Slim シリーズは、最高のパフォーマンスを目指す。
従来とは少し違う、新たな意思表示をしたのが印象的でした。

S&P500引き下げ直後のブロガーミーティングに参加
対抗引き下げに時間が掛かって、それでも引き下げを断行。その直後である2019/10/18に開催、三菱UFJ国際投信主催のブロガーミーティングに参加しました。この記事では、三菱UFJ国際投信ブロガーミーティングの参加レポートを約1万字でお届けします。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました