1歩の積み重ねがいずれ大きな成果となる【投資と登山の共通点】

投資と登山の共通点

青井ノボルです。

登山というのは、とても地味なスポーツです。

登山道を1歩ずつ、自分の足で歩き続け、山頂を目指します。
何時間も掛けて山を登り、そして下る。ただそれだけです。

例えば、ジェットコースターのような乱高下はありません。
機械のチカラに頼らず、人力でゆっくりと進んでいきます。

投資はというと、投資手法によって歩む道は千差万別です。

ワタシが実践しているインデックス投資は、コツコツ積立投資が基本。
積立投資を長期間継続することで、資産形成を目指しています。

この記事では、投資と登山の共通点「1歩の積み重ねがいずれ大きな成果となる」について書いていきます。

Sponsored Link

一定のペースで歩き続けることが大事

一般登山道を歩く登山の場合、重要なのは歩みを止めないこと。

ハイペースで登っても、途中でバテてしまったら大変です。
また、頻繁に休憩していてもなかなか進むことができません。

6時間前後の行程を想定した場合、50分間歩いて10分休憩。
これくらいのペースで歩き続けると、ちょうど良い感じに。

体力に応じて個別対応が必要ですが、一般的には上記のイメージです。

登りであれば、息が切れないくらいのペースが理想です。
下りであれば、足に強い衝撃を与えない程度が良いですね。

1歩1歩足を前に出し続けて、できるだけ止まらないようにする。
体力を温存しながら、登山で歩ききるために必要な考え方です。

登山中にやっていることは、本当に地味なことなのです。

長期投資はコツコツ投資を続けることが大事

個人投資家による長期投資、特にインデックス投資は継続こそが重要です。

投資をしたら、それをずっと保有し続ける。
バイ&ホールドが基本戦略になります。

また、サラリーマン投資家であれば、給与収入の一部を定期的に積立投資へ。
ドルコスト平均法の積立投資(定期定額投資)を続けるのが良いとされています。

コツコツと積立投資を続けることで、投資額が徐々に大きくなっていく。
投資額が大きくなれば、複利効果によって資産形成の加速が期待できる。

定期収入のあるサラリーマンだからこそできるのがコツコツ投資です。

1回あたりの投資額が数千円~数万円だとしても、何十年と続けるとどうでしょう。
投資額や期待リターンによりますが、数千万円単位の資産形成も夢ではありません。

暴落相場に遭遇しても、本業による収入を絶やすことなく積立投資を続ける。
やるべきことは極めて単純ですが、続けるのは意外と難しいようです。

歩き続けた先に見える景色は格別です

一般的に、登りはじめの登山口は森林に覆われていることが多いです。
山頂に近づくと視界が開けてきて、気持ちの良い展望となります。

1歩ずつ登り続けることで、標高差1,000mを登ることだってできます。
東京タワー3つ分(333m×3)の高さを、数時間で登ってしまう計算です。

1歩で稼げる標高はたかが知れていますが、積み重なると結構な標高に。
特別な人間で無くとも、一般的な体力と気力があれば十分に達成可能です。

1歩を積み重ねて、自分のチカラで登った先ある景色は、本当に特別なもの。
山の景色は純粋に綺麗ですが、現実以上に美しく見えるのかもしれません。

この記事のアイキャッチ画像は、南アルプスの仙丈ケ岳で撮った写真です。
大学時代の仲間と秋晴れのもとで見たあの景色、今でも脳裏に焼き付いています。

投資を続けることで得られるもの

ワタシの場合は、投資による資産形成に目標額は不要であると考えています。

インデックス投資による資産形成に具体的な目標額は必要無い
インデックス投資家の多くは長期的な資産形成を目的としています。いわゆる老後資金として資産形成を行うケースが多いです。ところで、インデックス投資による資産形成に具体的な目標額は必要ないと考えます。この記事では、このように考える理由を書いていきます。

積立投資を続けていったその先に、どんな未来が待っているのか分かりません。
それでもきっと、現時点では見えていない何かが見えてくるのだと思います。

果たして良い景色が待っているのかどうか、現時点では想像しかできません。

投資の金額的なゴールが無くても、コツコツ投資を続けることで養われるもの。
それが金融リテラシーであり、自分で考えて投資するからこそ身に付くもの。

誰かに言われるままではなく、自分自身で悩み考えて1歩を踏み出すこと。
そして自分の足で歩き続けること、その積み重ねが重要なのだと思います。

投資による資産形成を登山に例えるなら

相場は山あり谷あり、過去の歴史からも大きな変動が十分に起こり得ます。
リスク資産に投資していれば、アップダウンを覚悟しなければいけません。

それでも、長期的には緩やかに成長すると信じて長期投資を続けるワケです。
資産形成期においては、アップダウンを繰り返しながらも登りがメイン

息が苦しくなる時期もあるでしょうし、心身ともにタフさが求められます。
それでも1歩を踏み出し続けることで、着実に登ることができるハズです。

年月が経ち、資産活用期に差し掛かる頃には、それなりの標高に到達していることでしょう。
資産活用期に入ったら、その後は緩やかな下りが続くことが想定されます。

登りとは違った大変さがありますが、山道を歩き続けた経験値があります。
登りよりは体力的にラクなので、景色を見る余裕もあるかもしれません。

登山道を踏みしめる1歩の積み重ねで、登山における歩き方を体で理解する。
投資で言い換えるならば、ここで習得するのが金融リテラシーですね。

資産形成期のアップダウンを自分のチカラで乗り越えると、精神的にも鍛えられます。
そして心の余裕が生まれ、目の前の景色がより鮮やかに映し出されるハズです。

だから、投資も登山も「1歩の積み重ねがいずれ大きな成果となる」と考えます。

アップダウンを乗り越えた先にある、資産活用期に見える景色はきっと素晴らしい。
そんな希望を抱いて、これからもコツコツ投資を続けていきたいと思います。

 

関連記事紹介

投資を通じて養われる金融リテラシーこそが出口戦略の要、と教えてくれた本書。
金融リテラシーというのは、自分で悩み考える投資によって養われるのでしょう。
このほかにも気付きを与えてくれる金言が豊富なので、おススメの書籍です。

優しさ溢れる「世界一ラクなお金の増やし方」(NightWalker著)
インデックス投資界隈で「仙人さま」と呼ばれ親しまれている、NightWalkerさん。物腰の柔らかい紳士的な方です。この記事では「世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました」を読んだ感想と、本書を通じて考えたことを書いていきます。

インデックス投資を継続するという最大の課題に対して、どのように向き合うべきか。
インデックス投資ナイト2018の第3部は参考になる話が多く、色々考えさせられました。

インデックス投資ナイト2018に参加しました(続編)
先日開催されたインデックス投資ナイト2018の参加レポート、続編記事です。前回の記事では第3部の詳細までは書ききれませんでした。この記事では、インデックス投資ナイト2018における第3部の内容、感じたことや考えたことについて書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

1日1回の応援が励みになります

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

●twitterもやってます●

コメント