インデックス投資で長期縦走へ

5人家族で30代サラリーマンの青井ノボルが、インデックス投資(世界分散投資)で資産形成を目指すブログ。まだ見ぬ頂を目指します!

カテゴリ: 投資信託・ETF

青井ノボルです。2018年1月のつみたてNISAスタートが契機となったのか、インデックスファンドによる投資は徐々に広がりをみせています。つみたてNISAは対象ファンドを約100本まで厳選してスタート、その大半がインデックスファンドでした。2018/5/19時点の対象ファンドをみて ...

青井ノボルです。三菱UFJ国際投信のeMAXIS Slim シリーズは、ネット専売の超低コストファンドシリーズです。「業界最低水準の運用コストを将来にわたって目指し続ける」が当シリーズのコンセプト。他社のファンドに徹底対抗して信託報酬の引き下げを実施することで、人気を集 ...

青井ノボルです。eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)が設定されてから1ヵ月が経ちました。新規設定が発表された直後に大きな話題を呼んだのは記憶に新しいと思います。また、運用会社である三菱UFJ国際投信のブロガーミーティングで大々的にプッシュされていたファ ...

青井ノボルです。2018/4/25時点で、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスの純資産総額が100億円を突破しました!<参考:eMAXIS Slim 先進国株式インデックス (三菱UFJ国際投信HP)>(引用元:eMAXIS Slim 先進国株式インデックスHPより一部抜粋)上記の表に記載のとおり、2 ...

青井ノボルです。このブログでも度々取り上げている、三菱UFJ国際投信のeMAXIS Slim 先進国株式インデックス。2017年12月に異次元の信託報酬引き下げ(0.189%→0.1095%)を発表し、翌月にはつみたてNISAがスタート。つみたてNISA対象商品である当ファンドは、低コストで人気 ...

青井ノボルです。この記事は、中の人の反応を踏まえてインデックスファンドのコストを再考(その1)の続きです。個人投資家にとってのコストの考え方などを書いているその1と併せて読むことをおススメします。先日インデックスファンドの隠れコストに関する記事をアップし ...

青井ノボルです。先日、インデックスファンドの隠れコストについて触れた記事をアップしました。すると、運用会社の中の人と思われる方々から、Twitter上で多くの反応がありました。青井ノボル@sindanindex【ブログ更新】インデックスファンドの隠れコストがあるとは知りませ ...

青井ノボルです。投資信託(ファンド)は、多くの投資家がお金を出し合ってプロに運用を任せる投資商品です。プロに運用を任せるので、そこには当然ながらコストが発生します。具体的には、信託報酬や実質コストと呼ばれている、運用にかかる手数料です。ところが、三菱UFJ国 ...

青井ノボルです。つみたてNISAのスタートを契機に、インデックス型投資信託の低コスト競争が激しさを増しています。個人投資家の立場からすると、唯一コントロールできるコストが低減されるのは喜ばしこと。健全な競争を前提として、信託報酬が引き下げられることを期待する ...

青井ノボルです。2018/4/3に設定されたeMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)が、SBI証券・楽天証券で買い付け可能となりました。日本国内・先進国・新興国の株式クラスに均等割合で分散投資できる投資信託となっています。先日の三菱UFJ国際投信ブロガーミーティングに ...

青井ノボルです。eMAXIS Slim シリーズは「業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続ける」を掲げる低コストインデックスファンドシリーズのひとつ。このコンセプトを忠実に守り、他社に対抗した信託報酬の引き下げを数多く実施してきました。徹底的に信託報酬引き ...

青井ノボルです。このところ、インデックス投資界隈で注目を集めているeMAXIS Slim シリーズ。「業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続ける」を合言葉に、他社に徹底対抗して信託報酬を引き下げる戦略が特徴のファンドです。この戦略は一般投資家にも徐々に浸透 ...

青井ノボルです。2018/3/19に設定されたeMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)が、SBI証券・楽天証券で買えるようになりました。日本以外の先進国・新興国株式に広く分散投資できる投資信託であり、また人気のeMAXIS Slimシリーズからの新設定です。楽天VTのような大人気 ...

青井ノボルです。三菱UFJ国際投信は、eMAXIS Slimシリーズのネット直販を準備していると公表しました。リリース資料によると、ネット直販を可能にするため、2018/3/18に約款変更を行ったとのこと。対象は、この時点で設定されているeMAXIS Slimシリーズの全ファンドです。 ...

青井ノボルです。「eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)に投資すべきか考える」の記事で、本ファンドは実質コストが高いのではと想像した、と書きました。これは運用報告書が出てこないと比較できないことから、設定後1年以上経たないと判断ができない疑問です。この解 ...

青井ノボルです。先日、三菱UFJ国際投信よりeMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)の新規設定が公表されました。インデックスファンドを通じて全世界株式に投資したいと考えているワタシにとって、この投資信託は投資対象になり得るのかどうか、全世界株式(除く日本)に続 ...

青井ノボルです。三菱UFJ国際投信はeMAXIS Slimの8資産均等型バランスファンドについて、信託報酬引き下げ実施を発表しました。リリース資料によると、信託報酬を年0.209%→0.160%(税抜)に大幅引き下げするとのこと。「業界最低水準の運用コストを将来にわたって目 ...

青井ノボルです。楽天証券では、楽天スーパーポイントで投資信託を購入することができます。ポイントだけで始めることができれば、投資初心者も安心ですよね。インデックス投資初心者のワタシも、モノは試しということで、実際に購入してみました!今回は、実際の経験をもと ...

青井ノボルです。3月17日に新規設定されることが発表された、eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)。とても魅力的な投資信託ですが、eMAXIS Slim先進国株式と新興国株式を組み合わせて全世界株式を自作した場合の信託報酬と比べると、わずかにコスト高であることが分かってい ...

青井ノボルです。本日の10時頃、三菱UFJ国際投信よりeMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)の新規設定が公表されました。インデックスファンドを通じて全世界株式に投資したいと考えているワタシにとって、この投資信託は投資対象になり得るのかどうか、考えてみます。 目次日 ...

↑このページのトップヘ

投資信託・ETF : インデックス投資で長期縦走へ : 1/21